スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク





バラ用殺菌剤のスプレータイプってどんなものがあるんだろう?


コメントに質問いただきました

コンちゃんのブログで一番人気の記事、農薬のローテーションに関する基本的な考え方にコメントを頂戴しました。


薬剤スプレーの系統について
はじめまして(^^)
薬剤の系統を探しているところ、こちらのブログを拝見させていただきました。
薬の表はとてもわかりやすいですね(^^)

突然の質問で申し訳ないのですが…。

バラを鉢植えで育てています。
2鉢と少ないのでスプレータイプを使用しています。
マイローズ殺菌スプレー、ベニカXファインスプレー、モストップRスプレーをローテーションで使っていますがもう1本薬を買い足そうと思っています。
アタックワンALが良いとききましたがアタックワンALはマイローズ殺菌スプレーと同じ系統ともききました。
何かオススメはありますか?

いきなりこんなこと聞いてすみませんm(_ _)m


コンちゃんはスプレー剤って使わないんですよね。使用量が多すぎて。
それにコスパも悪いので、定期的に散布しようと思ったら自分で希釈したほうがとってもお得です。

とは言え、利便性からスプレー剤を使われる方も居らっしゃるでしょうから、今回はこの質問に答えてみたいと思います。

まずは敵を知ることから始めよう

スプレー剤といっても本当にたくさんの種類があります。
確かに初心者向けと言っておきながら、どれを選んで良いのか悩むところだと思います。

今回の質問では
  • マイローズ殺菌スプレー
  • ベニカXファインスプレー
  • モストップRスプレー
の3種類をお持ちとのことです。
(モストップRスプレーという商品名で検索しましたが該当が見つからないため、「GFモストップジンRスプレー」と仮定して話を進めます)

各々有効成分を調べてみましょう。なお、殺虫成分も混合されているものは殺菌成分のみ抜粋。
すると、こうなります。
剤名有効成分系統
マイローズ殺菌スプレーミクロブタニル EBI
ベニカXファインスプレーメパニピリムアニリノピリミジン系
GFモストップジンRスプレーチオファネートメチルベンゾイミダゾール


んー、なんか判りづらいですねえ~~。
コンちゃんに馴染みの深い薬剤の名称に変換するとこうなります。

剤名同成分の薬剤総使用回数
マイローズ殺菌スプレーラリー乳剤ー(5回)
ベニカXファインスプレーフルピカフロアブル4回
GFモストップジンRスプレートップジンM5回


素晴らしいですね。ちゃんと3つとも系統が違いますので、しっかりとローテーションできています。
治療剤のローテーションとしては大変よい組み合わせだと思います。

ところで、勝手に総使用回数も足しておきましたが、マイローズ殺菌スプレーって総使用回数「ー」って変じゃない?
耐性がつきやすいEBI系ですよ。3回も連続散布したら耐性菌の恐怖が十分にあるっていうのに・・・

どうも最近は住化武田が「ー」を付ける薬剤を売り出してきています。
これは栽培期間中の使用回数に制限がないことを示しています。

農薬の適正利用の観点から言うと有り得ない・信じられない話なんですが、この記載は農水省が認めてるってことなんですよ。
だから、悪いのは「農水省」です。

(5回)はラリー乳剤の総使用回数です。これくらいが妥当ってことです。

追加しようとするなら何が良いのだろうか


さて、余談はさておき、ここまでで判ることは全部治療剤であるということ、全薬剤の総使用回数を足すと14回だと言うことです。
毎週散布ですと3ヶ月持ちませんし、隔週散布にしても半年が精々といったところです。

治療剤を1種類増やそうとしても系統が被ることになるでしょう。
かと言って、14回では1シーズン持たないでしょうから、ここは予防剤を追加するのが妥当ではないかと思います。

そこで、コンちゃんの僅かな商品知識の中で選んだのが、「サンヨール液剤AL」です。
バラの黒点・うどんこ病の予防薬として有効で、アブラムシなどの殺虫にも適用のある便利な薬剤です。
総使用回数も8回あります。

ちなみに質問者の方があげられている「アタックワンAL」の有効成分は”ミクロブタニル”で、すでにお持ちの「マイローズ殺菌スプレー」と全く同じ成分になります。

もちろん、他に予防効果のある薬剤を含んだスプレー剤があれば、それでも良いですし、本当ならば予防剤2種類入れて欲しいので、もう一種類はご自身で探していただいて、ご使用頂ければなあと思っています。

最近はスプレー剤の種類も大分増えてきました

ここ数年は特に各社から様々なスプレー剤が発売されているように思います。

商品の売り口上としては「簡単・お手軽」を全面に出しているものが多いことや株数が少ない人(初心者)向けということもあり、適正な使用が危ぶまれる商品が多いと思います。

また、有効成分も、どうしてもEBIに偏りますので、結局ローテーションできていないということも多々あると思います。

そういう意味では、この質問者の方、流石コンちゃんのブログを読んでいる方だけあって、しっかりとローテーションできていました。
(自画自賛です(笑))

本当はここに殺虫成分も含めて話をしないといけないのですが、それをやりだすと知恵の輪状態になってしまうので、今回は殺菌剤として考えてみました。

皆さんも薬剤選定の際に参考にしていただけると幸いです。




サンヨール液剤AL 【850ml徳用ボトル】
価格:997円(税込、送料別)












スポンサーリンク





【品種紹介】 サハラ’98


DSC_6228_R-038.jpg


サハラ’98


基本情報

系統 クライミング
作出年 1996年
作出者 タンタウ(独)
花型 丸弁平咲き
色 濃い黄色からピンクがかる
芳香 微香

所感

花の色変わりが楽しい品種。
コンちゃん家のフロントガーデンを飾り、春の最盛期には道行く人の足を止めさせる技の持ち主です。

クライミングタイプで比較的枝が太いので、フェンス・壁面向きだと思います。
シュートは2.5m程度は伸びます。肥料を多めに与えるともっと大きく暴れます。

コンちゃんのようにオベリスクに仕立てるのはかなりの重労働を覚悟したほうが良いです(笑)

サハラ'98はシュート更新するタイプのつるバラで、この株は10年位経っていますが、それでも毎年1~2本は株元から新しいシュートを立ち上げてきます。
肥料は寒肥のみを控えめに与えていてこの状態ですので、広いスペースが有るお宅ならば相当優雅な景観を作れると思います。

花径は8cm程度で中輪咲と言えるでしょう。
色変わりが楽しめ、花を散り際まで咲かせることになりますから、花期(鑑賞期)としては長めではないでしょうか。

四季咲き品種として紹介されていますが、コンちゃんの家では返り咲き程度、ポツポツ咲くかな・・・という程度です。
また、この樹勢から鉢植えは厳しいものと思われます。

個人的な感覚としては耐病性が強いように感じます。
オベリスク仕立ての都合上、どうしても内側の葉への薬剤散布が難しくなってくるのですが、黒点・うどんこ共に悩まされることはありません。

唯一残念なのは香りが乏しいこと。
これで香りが強ければ文句なしの優良品種ではないでしょうか。





スポンサーリンク





農薬散布の時に気をつけている6つの事


DSC_6194_R-004.jpg

農薬の散布には気をつけることがイッパイ

年間に30回程度農薬を散布しているコンちゃんですが、こんな事に気をつけて散布しています。

1、気温
2、時間
3、風
4、降雨予想
5、人通り
6、後片付け

なんか色々あってめんどくさそうに思うかもしれませんが、実は結構関連している項目もあります。

気温

これはかなり大事な要素です。
気温が高い(25度以上)の時は薬害が出やすくなりますので、これを超えないような時を見計らって散布します。

梅雨が明けて熱帯夜がやってくると、実質的に25度以下の時間はありません。
出来ることなら散布せずに済めばよいのですが、夏場の散布は秋の実績に大きく影響します。
そのため、なるべく気温の低い時に撒くようにしています。

また、ダコニールなど高温期に薬害の特に出やすい薬剤は他の薬剤にチェンジしたりして予防しています。

時間

上の気温で気づいた方もおられると思いますが、一番気温の低い時間って何時でしょう。
答えは日の出の時間です。
ですから、朝の5時位に散布できるのが一番良いのですが・・・・貴女の庭で朝の5時から散布してたら近所迷惑になりませんか?
コンちゃんの家は住宅地なので、流石に朝の5時は非常識な時間帯です。

平日なら強いて6時位なら大目に見てもらえそうなので、平日なら6時くらいから土日なら7時くらいから散布するようにしています。
また、終了も10時には終わるようにしています。

風が強いと綺麗に散布できませんし、周りに飛散するドリフトもありますので、なるべく風のないときに散布するようにしています。
もちろん、自分自身が被爆しないためというのも理由の一つであります。

低気圧などが接近していて気象的にどうしても風の強い日というのはありますが、そういう日は諦めます。
近所への飛散が不快感を高めますし、通行人に掛かってしまうとトラブルの元になりますからね。

さて、では穏やかな日の中でも一番風の弱いときってどんな時でしょう。
これは気温が動かないときです。風とは温度差による空気の流れですからね。
つまり、一番寒い時か一番暑い時が風もなく穏やかなのです(これはコンちゃんの経験則)。

暑い時は薬害の心配がありますので散布には向きませんから、寒い時間帯に散布するようにします。
すると、朝なんですよ。早めの朝。上の時間で書いた時間になるわけです。

そして、10時を過ぎるころには気温も上昇してきて空気が動き始めますから、それまでに終わるように散布するのです。

降雨予想

もちろん、雨の降らない日がベストです。
ただ、コンちゃんのような週末ガーデナーはそうも言ってられないので、降り始め間で3時間くらい間があるようなら散布しています。

人通り

住宅地で散布する以上、これは気をつけないといけません。
特にお隣さんが外に出ているときは絶対に避けます。
散布中に出てこられたら、その場で散布を中断します。それくらいの徹底は必要です。

あとはなるべく洗濯物を干し始める前の時間に終わるようにしたり、通行人が来たら一時散布をやめるなど結構気を使っています。
コンちゃんなんか、散布中に近所の人が話しかけてきたりすることもありますので(笑)

今まで何も言われたことがなくても、少なからず嫌な気持ちではいるはずです。
こんなことで近所との仲が悪くならないようにしましょうね。

後片付け

まず、使った器具はしっかりと水で洗いましょう。
噴霧器はもちろんスポイトなども丁寧に水洗いしてから仕舞いましょう。

噴霧器は残った薬剤を捨てた後、中を真水で2~3回バシャバシャと揺すり洗いしてから、散布量と同量以上の水を散布してノズルに残った薬剤も綺麗に排出されるように気をつけています。

前もどこかで書いたと思いますが、粉剤やフロアブル剤は決して水に溶けているわけではないので、乾くとノズルが詰まる原因になります。

要は朝に散布しましょうってことです(笑)

要約してしまうと、これに尽きます。
気温も低いし風の穏やかで人通りも少ない。

ただあまり早すぎても近所迷惑でしょうから周りが起き始める頃合いを普段から観察(笑)して、その時間から始めると良いと思います。

上でも書いていますが、薬剤散布は近所トラブルの元になりやすい作業ですから、なるべく周りの人が大目に見て貰えそうな範囲で散布してくださいね。










スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。