Top Page >> 道具・資材 >> 剪定鋏 >> バラの日常のお手入れはこれ1本で決まり? 工藤製鋏所 剪定芽切鋏長刃

バラの日常のお手入れはこれ1本で決まり? 工藤製鋏所 剪定芽切鋏長刃


DSCN1442_R-001.jpg



剪定鋏と芽切鋏の良いところを掛けあわせたらこうなった

DSCN1445_R-009.jpg

コンちゃんの趣向的に今まで敬遠していた剪定芽切鋏ですが、”バラの栽培家にはこれが一番人気よ”という工藤製鋏所の奥さんに推されて剪定芽切鋏長刃を購入してまいりました。

名前の通り、剪定鋏の片刃の機構に芽切鋏の細長さを併せ持った鋏です。
最近では、関西の御仁がこの手の鋏をお気に入りで使っていることから、剪定芽切鋏の人気が急上昇している様子です。

片刃でそれなりの厚さを持った切刃は、ある程度の太さの枝まで剪定可能ですし、細長い刃は細かいところの作業も楽というのが、この剪定芽切鋏の特徴でしょう。

本格的な冬剪定には不向きでしょう

DSCN1446_R-001.jpg

剪定鋏と芽切鋏を掛けあわせているのが長所ですが、逆にそれ故に中途半端な鋏とも言えます。

刃の剛性は落ちていますから、太い枝の剪定には不向きでしょう。特に先端部分で太い枝を切ろうなどと思ってはいけません。
また、芽切鋏よりは先端部が太いですから、本当に細かい作業にも適しません。

ですから、太い枝をバッサバッサと切っていく冬剪定では、この剪定芽切鋏では心許ないというのが本音です。
太めの枝は鋸で対処というのなら良いのかもしれないが、逆に面倒かな。

花柄切りにはとっても重宝します

DSCN1450_R-005.jpg

あまり太い枝を切らない花ガラ切りや、その他普段のお供としては重宝です。

コンちゃんは剪定鋏+芽切鋏の二挺構えですが、剪定芽切鋏長刃なら、これ1本で間に合うことが大半です。

逆に、奥まった枝を切りたい時に、あとちょっとで届くのに~~ってがありますが、これだと切れるので嬉しかったりします。

使ってみるまでは「中途半端だな~~」という感想でしたが、開花シーズン中のお手入れならこれ1本で行けますよ。
普段のお手入れに二挺を使い分けるのが面倒だというあなたには便利な鋏です。











関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント