Top Page >> 道具・資材 >> 剪定鋏 >> 剪定鋏の新旋風 越後花吹雪(山広作) NS型

剪定鋏の新旋風 越後花吹雪(山広作) NS型


DSC_9923_R-062.jpg


越後ですが、山形産です

DSC_9927_R-004.jpg
「越後花吹雪」銘は新潟県三条市にある(有)マルワ工器という刃物卸の銘になります。

越後と打っていますが、残念ながら山形産です。
ほっぺにも「山形」刻印が打ってありますしね(笑)

他の剪定鋏を見ても主に山形や兵庫(小野)の剪定鋏を扱っています。

特にこのNS型は山川製鋏所独自の型ですから、見ればすぐに判ってしまいますね。
更に、受刃の裏にも「山広作」ってちゃんと打ってあります。
DSC_9933_R-010.jpg
平の刻印だけを打ち替えたもののようです。

私の入手したものは箱に何の印刷もなく、また紙も大分薄いペラペラの箱でした。
もしかしたら、元箱の汚損で交換されたのかもしれませんが、もしこれが本来の箱ならば、もうちょっと良い物を使って欲しいなあと思います。

NS型ってどんな型なの

DSC_9929_R-006.jpg

山川製鋏所ではNS型の前にS型という型を作っています。
これも大変人気の型ですが、これの改良版という位置付けのようです。
故にNS型=New S型の略らしいです。

S型と違う所は、津軽型に見られるチカというバネを持ち手に配して、切った時の衝撃を吸収するようになっています。
あと、切刃を大胆に前傾させ、細かい作業性を向上させています。

また、このNS型は相当な軽量化を図っているようです。持った瞬間にその軽さが実感できます。
よく見ると、柄の厚みはかなり薄くなっています。
この辺りは酷使した時に影響が出ないか気になる所ではありますが、本業の方も多く使用しているようなので、問題のない程度まで軽量化したというところでしょうか。
ただ、これを「頼りない」と感じる人もいるかもしれません。

全体的に見ると、長時間作業での負担を改善させることを目指した剪定鋏といえるようです。

独特な柄の使い心地はどうなのか

正直、これが一番気になるところです。
まだじっくりと使っていないので、正確な評価は出来ませんが、それほど違和感はないかなという印象です。
慣れの問題・・・程度の感覚です。

逆に狙ったところへスッと刃を入れられますし、太い枝を切った時の衝撃も少ないので、とても使いやすいかなと感じます。
もちろん、この形だと手がずり上がることもありませんので、握り直すことがないのも魅力です。

切れ味は申すまでもなく良好です

山川製鋏所の鋏です。
悪いわけがありません。

切れ味には全く不安を感じることはないでしょう。

総じて、NS型は買い?

ぶっちゃけて言えば、「買い」です。
A型やB型を普段使っている身としては、随分と特異な鋏だなと思いがちですが、伝統の剪定鋏を現代版で生まれ変わらせたとも言える剪定鋏です。

近年、洋物が多く出回っていますが、それらの良さを取り入れた鍛造剪定鋏のNewタイプ。
今後はこういったタイプもどんどん受け入れられてくるのではないでしょうか。

難点は価格ですね。
山川製鋏所の参考上代は13000円。ちょっと手がでないなあと思ってしまう値段です。

お陰様でネットで買うと大分お値打ちなショップも有りますので、探してみては如何でしょうか。







関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント