Top Page >> スポンサー広告 >> 敢えて書く。三國打刃物店 六角寿剪定鋏普通型に買う価値はない!道具・資材 >> 剪定鋏 >> 敢えて書く。三國打刃物店 六角寿剪定鋏普通型に買う価値はない!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク





敢えて書く。三國打刃物店 六角寿剪定鋏普通型に買う価値はない!


DSCN1280_R-007.jpg

どうしても使いたかったので、製鋏所へ研ぎに出してみました。
その結果はこちらから。
三國打刃物店 六角寿剪定鋏普通型を研ぎに出してみた。


剪定鋏の隠れた名産地 青森県

津軽型の剪定鋏といえば、その名の通り青森県が主流。

鍛冶屋としては数が少なく、また殆どが地元で消費される(みんな手作りの少量生産なので、全国に行き渡らない)ため、知名度は今ひとつであるが、剪定鋏界では山形をも平伏してしまう銘品揃いの地域なのだ。

そして青森県の鋏といえば「田沢手打刃物製作所」に代表されるように、手打ち鍛造の最高級品という扱いだ。

田沢手打刃物製作所(清水一国)と相並んで名人と称されるのは三國剪定鋏製作所(薬師堂国定)が有名だ。
その三國ファミリー?で最近名も上がってきた三國打刃物店(六角寿)の手打剪定鋏普通型を購入してみた。

作りは最高級

DSCN1282_R-009.jpg
津軽型の剪定鋏は初めての購入でしたが、届いた品を見て、一瞬で作りの良さを感じました。

細部に至るまで丁寧に作られており、持った感じの剛性感なども申し分のない物です。
全体にやや小振りではありますが、特に問題はないでしょう。

刃裏を見る限り、全鋼で、ネジまで手作りしているようで拘りを感じます。

DSCN1287_R-014.jpg
アレッと思ったのは、ナットが無いこと。
よく見るとネジ山を潰している様子なので、分解はできない仕様のようです。

空切りしてみると、摺合せは良いようでしたが、ちょっと違和感を感じました。

肝心の切れ味が最低

コレって切れないんじゃ・・・。
今まで剪定鋏は数多く見てきましたが、この感じは駄目なパターン。

早速、新聞紙を切ってみますが・・・全く切れません。
本来は生木を切るものですから、紙を切るのとは刃の付け方が違いますが、本当に良い剪定鋏は新聞でも綺麗に切れます。
それこそ、笑っちゃうくらいによく切れます。

購入直後なので、刃のあたりが出ていないという声も聞こえそうですが、コンちゃんの経験上ではそれでも切れる鋏のほうが多いです。

試しにムクゲの枝を10本ほど細かく切ってみました。
調子の良い時は小気味の良い切れ味。確かにコレなら文句ない。

が、時折皮が切れずに残る・・・
DSCN1278_R.jpg

やっぱりね・・・コレじゃ駄目だよ。
この後も数百回切り続けたが、多少良くなったように感じても、この傾向は変わらない。
まあ、皮が残る場所も刃の一部に限定されているので、完全に刃付けの問題でしょう。

皮が残る剪定鋏なんて使いものにならないので、これはお蔵入りするか観賞用(コレクションとしての価値しか無い)でしょう。

久しぶりにこんな駄目な剪定鋏に当たったよ

購入価格は1万円+消費税なので、津軽型の剪定鋏としては安い部類ですが、一般の剪定鋏としては十分に高価な部類に入る剪定鋏です。
コンちゃん的にも1万円というのは、高価な剪定鋏という認識です。

それがこの切れ味では正直いって幻滅もいいところです。
これなら、この半額ぐらいで売っている山形物や新潟物のほうがよっぽどマシです。
というか、2000円位の安物のほうが(皮が残らないという点に限っては)よっぽどマシです。

というか、中国製だってここまで酷くないんじゃない?使ったこと無いけど・・・

津軽型の場合は2万円以上もザラの世界ですから、安物買って文句言うなよという感じなのでしょうか。

これが本当に手作りならば、個体差の問題がありますので、当たればとても良い切れ味なのかもしれませんが、少なくともコンちゃんの持っているこの個体は駄目です。大外れです。お金の無駄遣いにしかなりません。

いや、本当に剛性感とかの質感はとっても良いのに、切れ味はお金を払うに値しないというとっても残念な剪定鋏です。

正直に言います

ここまで酷い品なんだから、このレビュー見た三國打刃物店の店主よ。
刃付けやり直すから送り返せくらいのことは言ってほしいね。職人の誇りがあるのなら。
お金出す価値ないもんこれ。飾りにしかならない。

そしたら、ちゃんとレビュー更新しますよ。


参考までに購入店舗はここです。




追記



購入店へ初期不良の申し立てをしてみました

購入店である「弘前市りんご公園SHOP」へ本ブログのURLを添えて、初期不良の申し立てをしました。

当然のごとく、現品を確認したいので送り返して欲しいとのことで、返送しました。

代替え品が戻ってきました

10/3に代替え品が戻ってきました。
財団法人相手なのでお役所仕事気分が抜けないようで、催促しないと返信が来なかったりと少しイライラしました。

現物は三國打刃物店で観てもらい、調整で改善したということでした。

改善したなら、それを戻してもらって結構と回答しましたが、代替え品を送るということで、代替え品が昨日戻ってきました。

さて、肝心の刃付けの方ですが・・・正直言って全く直ってません!

問答の途中で、代替え品の質が悪くても「それが三國打刃物店の品質として納得します」と回答したため、諦めますが、お金をドブに捨てたい人以外の購入はオススメしません。

結論変わらず 三國打刃物店 六角寿剪定鋏普通型に買う価値はない!

初期不良の代替え品ということで、きちんと検品した品が戻ってきているとコンちゃんは信じています。

それでも直っていないのですから、「三國打刃物店の品質はこの程度」と納得せざるを得ません。

もうこれに労力を使う事自体が無駄でしか無いので、これで終わりますが、コンちゃんが持っている剪定鋏の中では最低の品質というのが結論です。
これは買うと損しますよ。




関連記事






スポンサーリンク





コメント

非公開コメント

Re: 左利きじゃありませんか

右利きですか あとは手指の動きですかね
親指は押すように、人差し指以下の指の動きは手のひらに引き付けるようにすると刃先が密着しますが、親指が引きつけ方向人差し指以下が送り方向にしゃくる癖があると刃先が密着せず、薄皮一枚切り残す現象を見ることになると思いますがいかがでしょうか

Re: 左利きじゃありませんか

名無しさん、コメントありがとうございます。

先週末に記事の閲覧数が急上昇したので、何かあったなと思ってたらブラタモリで三國打刃物店さんが取り上げられたようですね。


さて、ご質問の件ですが、コンちゃんは完全な右利きです。
箸も鉛筆も鋏も右手でしか使えません。

仰られている鋏の仕組みについても存じております。

他の方のコメントから、調子の良い個体もあるようです。
コンちゃんと同様に刃付けの甘さに嘆いている方も居られます。
どちらも本当の評価でしょうし、どちらも否定されるものではないと考えます。

左利きじゃありませんか

ブラタモリでこの品物が取り上げられていて検索してこちらの記事を見つけました
番組の映像とこちらの評価の違いに驚きです
薄皮一枚切り残しとありますが左手で使ったときの特徴ではないかと思います
親指が握りを押す方向に力が働きますから右手では刃を嚙みあわせる方向になるのに対して左手では刃と刃が接触せず離れる方向に働いてしまい切断しきれずに薄皮一枚が刃と刃の間に挟まる結果となる典型的な切れない状態となります
右手で使う練習をするか 左利き用の鋏を用意すべきで この記事も取り下げるべきでしょう

Re: 刃が柔らかすぎます

コロさん、コメントありがとうございます~&承認遅くなってすいません。(承認したつもりでした)

三国打刃物店の品質については、これだけのコメントを頂いておりますので、皆さんの仰っていることが真実なんだろうなあと思わずには居れません。

正直言うと、まだ若い職人さんのようですし、頑張って欲しいんですが・・・

是非、10年後に買い直したら全くの別物に生まれ変わっていたというサプライズに期待したいものです。

新國光についてですが、今確認したところ、最低3つの鍛冶屋から入れていると思います。
お使いになられた鋏がどれかは分かりませんが、私の個人的な感想としては、同じ銘の鋏でもやはり個体差は大きくあるなあと思います。

やはり鋏は現物を握って確かめてから買うものだな・・と思いつつ、ネットを漁っているコンちゃんです(笑)

実際、今は廃業してしまった某鍛冶屋さんなんかは、同じ鋏の在庫すべて出してくれました。
一個一個違うから好きなものを選んでね・・と。

腕の良い職人は心配りも良いんでしょうね。

刃が柔らかすぎます

 私は、普通型ではなく、曲型黒手打(小)三國打刃物店 →170㎜の小型を、リンゴ公園ショップで購入しました。アンズの木の徒長枝を切っていたら、使い物にならなくなりました。

 その頃は、スプリング付きの鋏を買いあさって使っていました。この六角十字の鋏が私にとっては「使い物にならない」「単なる土産物だ」と解ったのは、少し後でした。自分でさんざん調整しなおして、再度使ってからの結論でした。ネジ部分や、皮バンド止めなどは、りんご剪定ばさみの常道でしょう、しかし、170㎜とはいえ、こんなに刃が柔らかく、弱いとは思いもよりませんでした。

 後日、店に、直接、写真入りで長い長い手紙を書きましたが、返事などはいただけませんでした。私は津軽と富士の2本のリンゴ、その他果樹を自家用で収穫している農家です。

 偶然記事を拝見しまして、驚きと、ほっとした複雑な気持ちでした。ずいぶん昔のしこりがほぐれました。長文で失礼しました。

 追:書き忘れていたことがありました。少し前から「憲賞」という 剪定鋏が販売されていますが、形は新国光にそっくりですが、全然かみ合わせがおかしい、はまぐり刃ですが何かが違う気がしました。「切れない鋏」なので造園業の若い人に「根切りにでも使ってくれないかな」と言って差し上げた次第です。新国光は良く切れます。追伸は以上です。

Re: No title

ZAKさん、コメントありがとうございます。

佐々木刃物さんは鍛接ですね。今鍛接で剪定鋏を作っている所はなかなか無いと思います。
サイズもその人の手にあわせて仕立ててくれるとか。これぞ道具職人だという感じですね。

私も佐々木刃物さんではありませんが、鍛接を1丁持っています。
切れ味は抜群です。

薬師堂さんはまだ現役でやっておられましたか?
体調不良で休んでいるという話を数年前に聞いた限りだったのですが。
だとしたら、是非手に入れたい鋏なので緊急予算捻出するかも・・・(笑)

No title

初めまして
庭関係の職業が長く木ばさみ鋸が基本でしたので剪定歴は短いのですが、最近秋田の佐々木刃物さん(鋼鍛接)、弘前の薬師堂国定さん(青鋼鍛造)の工場に伺いました。双方とも改良に改良を重ね打ち刃物として完成度の高さを実際に体現してきました。

さて、六角寿さんですが....。研ぎが甘いですね。それとおっしゃる通り研いだ後でも切断の抵抗感があります。厳しい判断ですが私のもダメでした。

Re: タイトルなし

ひろっちぃさん、こんばんは。

鋏は鍛冶屋次第で質も変わりますから、津軽型全体としての評価ではないです。
また、津軽型ほど変化に飛んだ剪定鋏もないと思いますが、鋏それぞれで善し悪しがあると思います。

ということで、使ってみないと判らない使うためには買わないと・・・と散財しているのです(笑)

おそらく分解できないから直しようがなかったんでしょうね。全鋼でも刈込鋏のような長い鋏なら一応延命は図れるんですが、剪定鋏ではかみ合わせはばらして直すしかないようです。自分は津軽型をすごく推してきてとても残念に思ったのでコメント致しました。

Re: 津軽型の評判

ひろっちぃさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

この記事は、私も公開を躊躇った記事なのですが、現在閲覧数No.1記事なのが何ともモドカシイ記事です。

私は三國打刃物店さんの津軽型しか知りませんので、他の鍛冶屋さんの津軽型は当然刃付けも違っていると思います。
(とある鍛冶屋は研ぎ直しの際に、剪定する樹種に応じて刃付けも変えると言います)

代替え品も同様で、また先にコメントいただいた方も同様と仰っておりますので、三國打刃物店さんの刃付けはこういうものなのでしょう。

手作り品の剛性と質感はバッチリなんですが、非常に残念な剪定鋏です。

津軽型の評判

初めまして。自分も庭師の端くれです。津軽型は花楯と飛庄の二丁しか使った事ないですが刃先まで大丈夫でしたよ。少なくともネットに上がってる中でネガティブな評価が出てるのはここだけですね。色々な鋏を使いますが、量産物で最初から刃先に合わないなんてのもたまにはありますが、手作りではちょっと聞いた事ないですね(-_-)

Re: No title

現場での使用感、ありがとうございます。
プロの方のご意見が、一番参考になります。

三國刃物店とて、評価は悪く無い鍛冶屋さんなので、使いようによっては良い鋏なのだと思います。

津軽型は林檎剪定鋏と言われるくらい林檎を意識して作っているので、リンゴ農家にとって使いやすい仕様なのだと思いますし、それが正解なのでしょう。

もともと林檎の枝はそれほど硬くないと聞きますので、それ用の刃付けなのかも知れませんね。

No title

現場で使った感想ですが、太めの枝や固い枝は苦しいですね。刃の形状が先細で長めな影響か力が伝わりづらく、刃も開きやすい印象でした。
津軽型特有の捻りの影響もあるのかな?

逆に細めの枝や細かい作業は他の剪定鋏よりスムーズにこなせましたね、切れ味は置いておいて…

まあ太枝は想定外なのかもしれませんね。無理して鋏で切るより鋸で切った方が切り口も綺麗で確実ですし。
林檎等の果樹を本業とする人が使ったら違う評価が出るのでしょうか。

もう少し改良されれば良い物になりそう気がするので、難しいとは思いますが頑張って頂きたいですね。

Re: 六角寿剪定鋏普通型

植木屋見習いさん、初めまして。

コンちゃんと同じ状況のようです。私の鋏も先端付近がまるで駄目です。

他の鋏を見てみても、先端部分は難しいようで切れ味の甘いものも結構ありますが、これは全く駄目です。

三國さんに見てもらい、代替え品を送ってもらっても同じ状況なのですから、この鍛冶屋の刃付けはこういうものだと諦めるしかありません。

とある剪定鋏鍛冶で聞いたところ、津軽型は全般的に捻りをあまりつけないのが多いそうで、何とかと鋏は使いようだと言われたこともあります。
特に津軽型は林檎剪定に特化して考えているでしょうから、刃付けも独特なのかもしれません。

なので、様々な樹種を剪定される植木職や園芸家にとって、津軽型は相性が悪いのかもしれませんね。

六角寿剪定鋏普通型

初めまして、ブログ楽しく拝見しています。

自分も鋏を集めるのが趣味で同型の鋏を購入しました。
自分の物は刃元は大丈夫なのですが、刃の先の方で切るとほぼ確実に皮が残ります…
初の津軽型で期待していただけに非常に残念です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。