Top Page >> 書籍・ブログ >> 役に立つ知恵が満載。もっと売れてもいい本 『別冊NHK趣味の園芸 バラづくりの疑問に答える! ローズレッスン12か月 Q&A 』

役に立つ知恵が満載。もっと売れてもいい本 『別冊NHK趣味の園芸 バラづくりの疑問に答える! ローズレッスン12か月 Q&A 』




ローズレッスン シリーズ 第2弾です

先に紹介した『はじめてでも簡単! 楽しいバラづくり ローズレッスン 12か月』の続編です。

Tipsはいっぱいなれど、今ひとつ響かない 『別冊NHK趣味の園芸 はじめてでも簡単! 楽しいバラづくり ローズレッスン 12か月』


京阪園芸勤務のローズソムリエ 小山内健さんの著作になります。

これは買って損のない内容です

前作はまあまあ良い本だったのですが、これは”すごく良い本”です。
Q&A形式で、様々な育て方の知恵を紹介してくれます。

帯に「バラづくり2~3年目の疑問を解決!」とありますが、全くその通りです。
栽培していくうちにふと湧き上がる疑問に的確に答えてくれています。

イラストや画像も豊富で、理解しやすい紙面になっています。

小山内さん、やれば出来るんじゃない(笑)

ハキリバチの被害を軽減する方法などは、正に目から鱗で「おお、そんな手があるのか」と感動してしまいました。

前作を補う内容も

『ローズレッスン 12か月』の題の通り、毎月ごとに章が区切られています。
この構成が本書ではマッチしていて、”今月のこの作業はどうしてやるのか”とか”この時期に発生する問題”など必要な時期に必要な情報を得ることが可能になっています。

毎月、作業前に読んでおく・・・という使い方がとても良さそうです。

また、前作で疑問に思っていた「寒肥」に関する記述やお座なりにされていた「鉢植えの土」の話など、この本で補完されている部分もあります。

第2弾ですから、合わせて読むとより理解が深まるでしょう。

とにかく豊富なQ&A これで貴方もバラ博士?

Q&Aは全部で68個。
それだけでもかなり満足なのですが、コラムなどもあり、総量としてはかなり読み応えがある内容です。

痒いところに手が届いているという感じです。

これを丸暗記できるくらいまで読みこめば、初心者からの質問も怖くないかもしれません。

ただし、病害虫対策についても、そこそこ紙面を割いていますが、やはり物足りない印象は拭えません。
ローテーションとかもっと真剣に書いてくれる人は居ないのだろうか・・・。

装丁が今ふたつなのは相変わらず

まあ、シリーズ物ですから当たり前ですが、安っぽい装丁は一緒です。

この本の一番残念なところですね。

特に本書の場合は、手元において何度も読み返すという使い方になると思いますので、もうちょっと紙質をあげて欲しかったと切に思います。

何はともあれ、読んでみるべし

書評とかレビュー物には辛口のコンちゃんですが、この本はオススメします。

特に、この本がターゲットとしている「バラづくり2~3年目」の方にベストマッチの良書です。
もちろん、コンちゃんのように漫然と10年以上育てている人にも十分に役立つ内容が盛りだくさんです。

常に手元においておいて、今月・来月のQ&Aを理解していくというのが、最も有効な利用方法だと思います。

”買うべき”とは言いませんが、図書館で借りてきて読む価値は十二分にあります。
これは良い本です。






関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント