Top Page >> 道具・資材 >> 剪定鋏 >> 剪定鋏の各部の名称を覚えておこう。

剪定鋏の各部の名称を覚えておこう。


senteimeisyou_20150718211838510.jpg



剪定鋏の各部名称です。
折角なんで、あまり日の目を見ない「おの義刃物 F型剪定鋏」でご紹介します(笑)

地域や職人さんに依って多少呼び方が違うかもしれませんが、悪しからず。


この2つはよく使うので覚えておくのは必須ですね。

切刃
上刃とも言います。その名の通り、枝を切るための刃。

受刃
剪定鋏は片刃なので、こちらは枝を受ける刃=受刃です。


他に覚えておいたほうが良いのは

ミネ
時代劇で「安心せい、峰打ちじゃ」って言っているやつです。

しのぎ
これもよく「しのぎ(鎬)を削る」というやつです。
刃とミネの境目って覚えておけば大丈夫です。

あご
この剪定鋏もそうですが、刃を閉じると「あご」が当たって止まるので、「あご止式」なんて言います。

止め金
金止式剪定鋏なので、刃が開かないように止めているこの部分を止め金と言います。


これぐらい知っておけば、困らないと思います。

関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント