Top Page >> 系統・品種 >> ハイブリッドティー(HT) >> 【品種紹介】 プリンセス・ドゥ・モナコ(ハイブリッドティー)

【品種紹介】 プリンセス・ドゥ・モナコ(ハイブリッドティー)


IMGP0621-2.jpg


プリンセス・ドゥ・モナコ


基本情報

系統 ハイブリッドティー(HT)
作出年 1982年
作出者 メイアン(仏)
花型 半剣弁高芯咲き
色 白にピンク覆輪
芳香 中香

所感

元モナコ王国王妃「グレース・ケリー」に捧げられたバラです。

残念ながらコンちゃんには、このバラの真の美しさを写真に収める技術がありません。
太陽を浴びて輝くプリンセス・ドゥ・モナコは本当に美しいのです。

最初は全く気にもとめない品種だったのですが、確か谷津バラ園で初めて実物を満た瞬間に「絶対に育てる」と決めたバラです。

樹形は半横張り、樹高は低めの1.2m前後です。
我が家では花枝の伸びがあまり良くなく、高さの出ない品種です。
そのため、切り花には全く向かないバラです。
また、シュートの発生もほぼ無いため、シュート更新しないバラだと思われます。
照り葉で病気には強いほうです。

大変有名な品種ですが、「有名なのには訳がある」と思わせてくれる魅力的なバラです。




関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント

No title

私も舐めてかかっていた品種です。うちの子は縦型でバンバンシュートをあげて来ています。正直好みでは無かったのですが、香りも無いし…。非常に丈夫で流石ピースの子。ガクが下がった頃が一番美しいと思いますね。正直まだ魅力が理解できていないバラです。丈夫で作り易い点でお勧めできます。