Top Page >> バラ園・園芸店 >> 【バラ園散策】 ドリプレ・ローズガーデン 千葉県君津市大野台815-85

【バラ園散策】 ドリプレ・ローズガーデン 千葉県君津市大野台815-85


千葉県君津市にある「ドリプレ・ローズガーデン」に行ってきました。
DSC_9819-1_R.jpg 

こちらのローズガーデンは、元神奈川県に住んでいたオーナーが終の棲家として購入した土地を開梱して作ったローズガーデンだそうです。
また、バラは無農薬(木酢液で予防)で育てているという異色のガーデンです。

場所は館山道君津ICから15分ほど走った所にあります。
途中から山道だなあ~~という風景の中走って行くと、現れます。
DSC_5372_R.jpg


入って右手に行くと、ガーデン入り口です。

DSC_9823_R.jpg 

ガーデン入り口からアンティークな雰囲気がバッチリですね。

DSC_5377_R.jpg 

チョークボードには「ここはバラ園ではなくてナチュラルガーデンです」と書いてあります。

DSC_9824_R.jpg 

さて、バラ園に入園するには、この中のカフェのレジで入園料を支払います。
入園料はハイシーズン税込810円ですが、今年は鹿の被害で540円になっているそうです。
支払いを済ませると、こんなワンデイパスポートのシールを渡されるので、見える所に貼っておいてほしいとのことです。
(まあ、昔のクラブの手のスタンプみたいなもんですね)

IMGP0575_R.jpg

さて、お待ちかねのガーデン内に入ります。
まずはキッチンガーデンと称される場所。

DSC_5378_R.jpg  DSC_9825_R.jpg 

んー、アヒルかガチョウか判りませんが、鳥が迎えてくれます。
奥のつるバラも既に花は終わっているようで、残念ですね。

キッチンガーデンを出ると、目の前に噴水。流れに沿って小川を下って行くと、
DSC_9829_R.jpg  DSC_9834_R.jpg 

池が現れます。
ここはモネの睡蓮のイメージだそうですよ。

DSC_9837_R.jpg  DSC_9866_R.jpg 

この日は写生会が開かれているようで、所々で絵を書いている人が居ました。
池にはもう赤とんぼが飛んでいました。

さて、池を廻ってメインガーデン(ローズガーデン)に突入です。
うん、かなり広々とした雰囲気で良いですね。イングリッシュガーデンのイメージぴったりです。

DSC_9839_R.jpg  DSC_9840_R.jpg 
DSC_9846_R.jpg  DSC_5380_R.jpg 

ただ、時期的な問題もあるかもしれませんが、全体的にバラが少ない
バラ自体の生育もあまり良くないようで、しっかりとした株もあまりなかった。
入り口看板に書いてあるように、「バラ園じゃないよ、ナチュラルガーデンだよ」というのを肝に入れたほうが良いですね。

メインガーデン最奥にあるベンチ。
これは良いね。ベンチに座って写真撮るのに絶好のスポット。

DSC_9850_R_20150614203542c0e.jpg 

上で花数が少ないって書きましたが、その中でも何枚かは撮ったので載せますね。

DSC_9857_R.jpg  DSC_9861_R.jpg 
DSC_9862_R.jpg  DSC_9865_R.jpg 

さて、メインガーデンを後にして、シークレットガーデン(秘密の花園)へ向かいます。
池の奥からも入れますし、キッチンガーデン側からも入れます。

DSC_5396_R.jpg DSC_5397_R.jpg 

ここにもやっぱりデビット・オースティンの看板が。
何か提携でもしているのかね?

池側から入って行くと、突然目の前に整形式庭園が現れます。

DSC_5390_R.jpg 
DSC_9868_R.jpg  DSC_9869_R.jpg 

んー、花の感じはご覧のとおり、お世辞にも立派とは言いがたい
花がないのは時期でしょうがないとしても、株自体がダメダメ。
花ガラは結構綺麗に切ってあるようなので、手を入れてないわけではなさそうだけど、もうちょっと育成に力を入れてくれればよいのではないだろうか。

まあ、そんな中でも、「ザ・ピルグリム」「ライラック・ローズ」は綺麗に咲いていたので、撮ってみた。

DSC_9883_R.jpg  DSC_9880_R.jpg 

ライラック・ローズは綺麗だったな~~。家に迎えたいかもと思った。

他のエリアとしては、牡丹&シャクヤク園と北の森(森のガーデン)があるけど、どちらも特に写真も撮ってないです。
そんな感じです。

感想としてですが、バラ園としては「ハッキリ言って最低」です。
バラを楽しみに行くと後悔しますね。
こちらのガーデンは無農薬を売りにしているので、無農薬でも商業的に成り立つように育てられるのかと興味があって訪れたのですが、正直に申し上げますと「無農薬ではバラは満足に育てられない」という現実をまざまざと見せつけられたように思います。

施設名として「ローズガーデン」を謳ってて、この出来では失望する客も多いことでしょう。
その言い訳が、入り口の看板だということですな。

さて、視点を変えて、バラメインではなくイングリッシュガーデンを見に行ったと思えば、まあまあ満足です。
構造物があまりなく、高さのある表現が出来ていないように思いますが、敷地の広さも相まって、結構楽しめます。
バラ好きじゃなくて、ガーデン好きな人ならメインガーデンはそれなりに楽しめるんじゃないかなあ。

最後にカフェの方もご紹介。
コンちゃんはテラス席に座りましたが、ちょっと田舎の香水が風に乗って漂ってました(笑)
まあ、すぐに鼻が慣れたので、良いのですけど。

お昼にはちょっと早かったので、スイーツ系を頼みました。

DSC_5402_R.jpg  DSC_5405_R.jpg 

バーククーヘンとパンケーキです。飲み物はローズソーダとコーヒーです。
スイーツの味はまあまあかな。及第点です。
ローズソーダって美味しかった。静岡の業者の製品みたい。お土産でも売っていたので、買っておけばよかったかな。

えーと、総括しますと、「次はよっぽど近くに用がない限りは行かない」です。
バラ園としてはもっと良いところが山ほどありますし、カフェとしても普通です。
コンちゃんはアンティークの価値がわからないので、皿の良し悪しとか全く関係ないです。

なので、もしここが車で5分くらいの場所にあるのなら、たまに息抜きに行くのは良いと思うのですが、ここを目的に行くことは無いですね。





とまあ、こんな感じで、ドリプレ・ローズガーデン訪問記は終了です。
初っ端から厳しい記事になっちゃったね・・・でも別に宣伝料貰ってるわけじゃないから褒めなきゃいけないわけじゃないしね。
関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント