Top Page >> 系統・品種 >> ハイブリッドティー(HT) >> 【品種紹介】 ブルームーン(ハイブリッドティー)

【品種紹介】 ブルームーン(ハイブリッドティー)


IMGP0524_R.jpg

ブルームーン


基本情報

系統 ハイブリッドティー(HT)
作出年 1964年
作出者 タンタウ(独)
花型 半剣弁高芯咲
色 藤色
芳香 強香 ブルー香

所感

青バラの代表品種。
「ブルー香」という青系独特の芳香が魅力の品種。

青系を1つ植えたいというのなら、間違いなくこれが筆頭

我が家では樹勢は余り強くない。
どちらかと言うと弱いか・・・。樹高も1.5mが精々
シュートの発生も上手くいくと何年かに一度出てくるので、大事にして更新している感じ。

樹形はほぼ直立。

他の方のブログを見ると強健種となっているが、本当かな?といつも思う。
コンちゃん家のは挿し木(自根)なので、樹勢が劣るのだろうか・・・

それでも、綺麗に咲いた花を見ると、そんなことはどうでもいいかと思えてくる。


↓↓↓楽天↓↓↓↓↓↓アマゾン↓↓↓

関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント

No title

おまけでコメントします。うちの子はガンが付いた子をだましだまし育てています。ま~ものすごく丈夫とは思いませんが、香りのある青バラという事でコレを勧める人が多く、今でも現役なのでしょう。この品種挿し木も良くつくんですよね。花形、色も申し分なく気候で随分変化するように思います。青バラは何本も所有していますが、ガンが付いても養生して育てる思いにさせる一本ですね。枯れるまでお付き合いしますよ。花形ではマダム・ビオレの方が人気ありでしょうが、そこは香りで軍配があります。