Top Page >> 病害虫対策 >> 農薬散布の基礎知識 >> 水和剤・顆粒水溶剤の計量に便利です。 「ワンタッチ計量 粉末はかり 」&「ポケットデジタルスケール」

水和剤・顆粒水溶剤の計量に便利です。 「ワンタッチ計量 粉末はかり 」&「ポケットデジタルスケール」


皆さん、大体1回の薬剤散布で何リッターくらい散布していますか?
コンちゃんは多い時で6リッターくらい散布しています。

株数が少ないうちは1L分づつ個包装されている箱入りの水和剤を利用することが多いと思いますが、株数が増えてくると使用量が多くなってくるので、経済的負担が大きくなってきます。

農家向けの100g入りなどの大袋入りと比べると、その割高感はとてつもなく大きいですよ。

例えば、
arrow264.jpg
ベンレート水和剤 100g

ベンレート水和剤 100g
価格:896円(税込、送料別)



容量は20倍もあるのに値段は2倍にも満たないという圧倒的なコストパフォーマンスですよ。

ただ、ここに1つ落とし穴があって、この水和剤をどうやって量ろうか・・・という問題です。

そこで、安価で大変便利なのがこれ。ワンタッチ計量 粉末はかり


ワンタッチ計量 粉末はかり

ワンタッチ計量 粉末はかり
価格:504円(税込、送料別)




ご覧のとおりのシンプルな形状で使い方も簡単。
1g~30gまで量れます。

まあ、精度はそれなりですが、これで「薬害が出たよ~~」なんて経験はコンちゃんにはありません。

使い終わった後はサブサブ水洗いして終了という手軽さもとっても魅力です。

本格的にバラを栽培し始めると、どうしても散布量も増えますので、こういったものも揃えておいたほうが良いですよ。




追記

こんな記事を書いた後、つらつらとAmazon観てたら、デジタル秤でも安いのがあるんですね~~
流石アマゾン恐るべし・・・(笑)

携帯タイプ ポケットデジタル スケール(秤) 0.01~100g 業務用(プロ用)

0.01gから100gまで0.01g単位で量れるらしいです。
農薬の希釈に関しては、大体0.5g単位で量れれば問題ないので、十分な性能ですね。

結構バラ栽培好きの人って、偏屈(失礼)じゃなくて、拘る人が多いと思いますので、「キッチリ量りたいんだーー!」という人は、こっちの方が良いかもしれないですね。

評価を見てもそんなに悪くなさそうだし、コンちゃんも買ってみようかな~~。


関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント