Top Page >> スポンサー広告 >> 鉢植えに寒肥は必要?いつから始めるのが良いのか考えてみよう。肥料・堆肥 >> 鉢植えに寒肥は必要?いつから始めるのが良いのか考えてみよう。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク





鉢植えに寒肥は必要?いつから始めるのが良いのか考えてみよう。


DSCN1568_R-001.jpg


寒肥って何のためにするの?

バラ栽培では寒肥は大事な冬の作業として出てきますが、これは地植えの話です。

寒肥とは、春の芽出しに備え前もって施しておいたり、年間施肥を補完するために施されるものです。
また、寒中期に行うのので、生の有機物を施すことによって、土壌を肥沃にする効果も期待しています。

寒肥については過去記事も参考にしてください。

寒肥の基本的な考え方

寒肥の施し方

2016年 寒肥を施す


上記から分かるように、肥料分が長期に渡って土壌に留まっていられるということが前提なのです。

寒肥は地植えではないと意味がない

鉢植えでは、水やりの際に肥料分が流れ出てしまいますから、寒中の肥料分が必要とされていない時期は吸収されず流れ出てしまうだけですから、ただ単に無駄なだけということになります。
また、土壌には肥料を蓄えておける量がありますから、それ以上与えても、これもまた無駄ということになります。

地植えでは、鉢植えとは比べ物にならないほど大量の土壌で栽培されていますから、寒肥のような多量の施肥でも問題となることはありませんが、鉢植えでは百害あって一利なしとなってしまいます。
最悪、多量の施肥によって根焼け→枯死もありえない話ではありません。
#ここまでなるには与えてる肥料の種類や質にも問題があることもありますが。

鉢植えはいつから肥料を与えるのか

寒肥は、1年の生育期も備えて「前もって」施しておく肥料であることはご理解いただけましたでしょうか。

しかし、鉢植えには備えておけるだけの環境がないので、寒肥を施す必要はないのです。

鉢植えは必要なときに必要な量の施肥をしてあげることが大事なのです。

鉢植えが肥料を必要とする時期はいつから?

厳密に休眠期は全く肥料を吸収しないのかと言われると分かりませんが、基本的には休眠期明けからバラは本格的に肥料を要求しだすはずです。

ですから、休眠期明けから施肥をしだせば良いということになります。

とはいっても、コンちゃんの家では完全に休眠に入っている期間は極々わずか、もしくは休眠に入りきれずにいるのかも知れません。

そのため、コンちゃんは芽がプックラとしてきたらというのを目安にしています。

施肥量はどれくらい与えるのか

上で書いたように必要なときに必要な量ですから、多く施す必要はありません。

今お使いの肥料を普通に1回分与えれば十分です。
もし、足りないな・・と思ったら液肥で補えば問題ありません。

どんな肥料を与えたら良いのか

上で書いたように「必要なときに必要な量」ですから、肥効が現れるまで1ヶ月もかかるようでは遅すぎます。
肥料を上げたらすぐに効果が出るような肥料が適しています。

極端に言えば、化成肥料でも問題ありません。
まあ、欲を言えば発酵済み有機肥料がいいでしょう。

あまり深く考えず、普段使っている肥料で十分だということです。

鉢植えの場合は、寒肥用に特別な肥料を用意する必要はないのです。

土壌改良を期待したいときはどうする

答えは簡単です。植え替えをしてください。
鉢植えに施す程度の有機物では根本的な改善は期待できません。

逆に植え替えすれば、劇的に改善されます。
また、きちんとした土作りをしていれば、1・2年で全くダメになるようなことはありません。

鉢植えの施肥は地植えと一緒に考えては駄目

多くの栽培本では地植えを基本として書かれている場合が多く、うっかりすると鉢植えには向かない栽培方法を行っているかも知れません。
鉢植えについても記載してあっても、どうしても追記的な書き方になっていることもありますので、よ~く読んで下さいね。

鉢植えでの育て方については、この本がオススメです。
全てが鉢植え前提で書かれていますので、鉢植えメインという方は読んでみると発見があるかも知れませんよ。

品種紹介がこんなに為になった本は初めて 『よく咲く鉢バラの育て方 いちばんわかりやすい』







関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。