Top Page >> 日常管理 >> 新芽が吹いてきたら、植付時の支柱は外しましょう。

新芽が吹いてきたら、植付時の支柱は外しましょう。


DSCN1511_R-031.jpg

新葉が展開し始めたら、根も張り出してきています

春の芽吹きはとても楽しい時期ですね。
今年一年のバラの生育に思いを馳せながら、日々暖かくなる日差しに心も暖かくなります。

冬に植えた大苗や土替えした鉢バラ達も、どんどん芽吹いていることと思います。
芽が動き始めてきたら、根の活動も活発になってこれからの生育のためにどんどんと張っていきます。

株は自立しないといけません

植付時に活着を良くするために添えた支柱も、この段階になったら外してしまって大丈夫です。

逆に支柱を立てたままだと、労せず大きく育ってしまうため、根の伸長も緩慢になってしまいます。
株は多少の風にあたって揺さぶられることにより、自身を支えるために根も張らしてきます。

大事な可愛いバラですが、いつまでも甘やかしていると軟弱になってしまいますので、活着したら後は自然に任せましょう。





関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント