Top Page >> 書籍・ブログ >> これが無料なら貰わにゃ損だ デビット・オースチン『バラのハンドブック第7版』

これが無料なら貰わにゃ損だ デビット・オースチン『バラのハンドブック第7版』


DSCN1575_R-001.jpg

イングリッシュローズのデビット・オースチン

デビット・オースチンと言えば、バラ好きなら知らない人は居ないでしょうね。

バラブームを牽引してきたと言っても過言ではないイングリッシュローズの生みの親がデビット・オースチンです。
HTやFLなどの現代バラとオールドローズを交配して、オールドローズの優しさと現代バラの強健さを併せ持った品種を多数発表しています。

代表花「グラハム・トーマス」が世界バラ会議の殿堂入り品種となったことは記憶に新しいですね。

近年では、ギヨーやデルバールなど他の育種会社に話題が集まって影を潜めた感もあるものの、未だにその人気は健在です。

イングリッシュローズのカタログはなんと無料だった

そんなデビット・オースチンが作出したイングリッシュローズにもカタログが有ります。

Webページから必要事項を記入して依頼すると”何と送料も含めて無料で送ってくれる”という太っ腹なカタログです。

カタログ申し込みページはここです

申し込みが完了すると忘れた頃に(2週間後くらいに)ポスト投函されますよ。

紙質は薄いけど、内容は厚い

到着したカタログは、横A4サイズの正方形と小さめ。
紙も非常に薄く、すぐに破れてしまいそう。

だが、ページをめくると吃驚する。
イングリッシュローズの生い立ちから始まり、品種紹介はもちろん、植付け等の簡単な説明、植栽のコツ、仕立て方など一通り記載されている。

最も素晴らしいと思ったのは、「特定の場所に向く品種」の項。
「半日陰」とか「アーチ向き」などはもちろんのこと、「海際の場所に向く」「切り花に向く」「美しい実が楽しめる」といった他では余り記載されないものまできちんと品種が網羅されている。

貴重なのは、これが育種会社のオフィシャルな情報であるということ。
栽培家◯◯さんの分類というようなものはよく見られるが、これはデビット・オースチン社の正式な見解である。
とても頼りになる情報だと思う。

カタログとしての質も申し分なし

この冊子はカタログなので、もちろん品種紹介が主であるが、これも手抜かりがない。

1品種に対するコメントが他社の3倍(コンちゃん想定比)と圧倒的な情報量である。
品種の魅力が余すところ無く語られており、各品種への愛着が大変感じられ、読んでいても楽しいカタログになっています。

これが無料なんだから、絶対に貰っておくべき

正直に言うと、こんなに良いカタログに初めてであったのではないかと思う。

実はイングリッシュローズはコンちゃんの好みではない(剣弁高芯好きなので)のだが、それでもこのカタログは観ていて楽しい。
ついつい何本か買ってしまいそうになる程の魅力がある。

こんなに良いカタログなのだから、是非他社も見習ってほしいものである。
このカタログは間違いなく売上に貢献しているだろう。
そして、これが無料というのだから、手に入れない術はないでしょう。

最後にもう一度記載しますよ。お申し込みは下記から。
”無料カタログ「バラのハンドブック第7版」のご請求”

いやほんと、マジで貰ったほうが良いよ。。。






関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント