Top Page >> スポンサー広告 >> 品種紹介がこんなに為になった本は初めて 『よく咲く鉢バラの育て方 いちばんわかりやすい』書籍・ブログ >> 品種紹介がこんなに為になった本は初めて 『よく咲く鉢バラの育て方 いちばんわかりやすい』

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク





品種紹介がこんなに為になった本は初めて 『よく咲く鉢バラの育て方 いちばんわかりやすい』


DSCN1571_R-001.jpg


コンちゃん大好き 鈴木満男さん著の鉢バラ向け栽培書です

最早日本のバラ界にて彼の名を知らない人は居ないでしょう。
京成バラ園芸のヘッドガーデナー 鈴木満男さんの著作です。

鈴木満男さんといえば、NHK出版『バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック 』での剪定テクニックが衝撃を呼びました。
また、その続編とも言える『決定版 美しく咲かせる バラ栽培の教科書』も前著に勝るとも劣らない名著です。

もちろん、両書ともコンちゃんの愛読書になっています。

剪定について学びたければこれを読め! 『バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック』

バラ栽培の本ならこれが一押し 『決定版 美しく咲かせるバラ栽培の教科書』(鈴木満男 監修)


そんな鈴木氏が書いた鉢バラの育て方、やはり只者ではありませんでした。

育て方は他書を踏襲し、より詳しく

肝心の育て方は前書『バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック 』を踏襲した内容となっていますが、植付けや水遣りなどは鉢バラ向けにより詳細に手順が記載されています。

基本的な育て方自体にはあまり目新しいところはありませんが、鉢バラの剪定画像などはあまり見掛けないため、貴重かもしれません。

驚くべきは品種紹介だった

大概、この手の育て方の本にはある程度の品種紹介ページが含まれます。

それはそれで良いのかもしれませんが、どの本も似たような品種、似たような説明で正直、ページ稼ぎじゃないのかとさえ思ってしまいます。

コンちゃん的には、この品種紹介で紙面の1/3も占めるような本は買いたくないというのが本音です。

ところが、この本も紙面の半分は品種紹介ページになっています。
初めは「しまった~」と思いましたが、折角なので読んで吃驚。

鈴木氏セレクトなので、他の著者とはひと味違った品種選択が面白い。
更には、紹介文が実践的。
「この品種の剪定は◯◯に注意」とか「こんな仕立て方がオススメ」と言ったような、実際に育てる時に役立つ紹介内容で、これは役に立つ!

思えば、他書だと品種紹介は本の前半部にくることが多いはず。
まずは、綺麗なバラの画像でテンションを高めよう的な発想ではないでしょうか。

ところが、本書の品種紹介は後半部にあります。
前半部で育て方をしっかりと学んだあとに、「さて、ではどれを育てるか・・・」と選べる構成になっているのです。

最初に育て方が頭に入っていますから、紹介内容もよりスムーズに理解が出来るというわけです。

鈴木満男さんの著作にハズレ無し

”我が家は全部地植えです”という猛者を除き(笑)、少なからずとも鉢バラを育てている人、これから鉢バラを育てたい人に、この本は買って損はありません。

鈴木さんの著書は本当にハズレがありませんね。
知りたいことがズバッと入ってくるという感じで、一気に読み終わってしまいますよ。








よく咲く鉢バラの育て方 [ 主婦の友社 ]

よく咲く鉢バラの育て方 [ 主婦の友社 ]
価格:1,512円(税込、送料込)







関連記事





スポンサーリンク





コメント

非公開コメント

こちらこそ、よろしくお願いします。

上手い! 一本取られた(笑)

参考にしていただくなど恐れ多いのですが、コメント頂けますと励みになりますです、はい。
でも、ちょっと気恥ずかしくもありますね(^_^;)

最近、良い記事があまり書けてない気がするので、もっと為になるTipsを紹介できればなあと思っています。

今後も、お暇な時にチョロっと眺めていただけると幸いです。

はじめまして

こんにちは。
はじめてコメント差し上げます。

プロの6割くらい咲いてくれれば上等博覧の適当栽培で、だがしかし、
もっと何とかした方が良いには良いんだけどと思ってきた私には、
コンちゃん様のブログは、「ハズレなし」です。

初心に回帰して盛大に参考にさせて頂いておりますので、どうぞ今後
ともよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。