Top Page >> 2016年06月

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク





【品種紹介】 サハラ’98


DSC_6228_R-038.jpg


サハラ’98


基本情報

系統 クライミング
作出年 1996年
作出者 タンタウ(独)
花型 丸弁平咲き
色 濃い黄色からピンクがかる
芳香 微香

所感

花の色変わりが楽しい品種。
コンちゃん家のフロントガーデンを飾り、春の最盛期には道行く人の足を止めさせる技の持ち主です。

クライミングタイプで比較的枝が太いので、フェンス・壁面向きだと思います。
シュートは2.5m程度は伸びます。肥料を多めに与えるともっと大きく暴れます。

コンちゃんのようにオベリスクに仕立てるのはかなりの重労働を覚悟したほうが良いです(笑)

サハラ'98はシュート更新するタイプのつるバラで、この株は10年位経っていますが、それでも毎年1~2本は株元から新しいシュートを立ち上げてきます。
肥料は寒肥のみを控えめに与えていてこの状態ですので、広いスペースが有るお宅ならば相当優雅な景観を作れると思います。

花径は8cm程度で中輪咲と言えるでしょう。
色変わりが楽しめ、花を散り際まで咲かせることになりますから、花期(鑑賞期)としては長めではないでしょうか。

四季咲き品種として紹介されていますが、コンちゃんの家では返り咲き程度、ポツポツ咲くかな・・・という程度です。
また、この樹勢から鉢植えは厳しいものと思われます。

個人的な感覚としては耐病性が強いように感じます。
オベリスク仕立ての都合上、どうしても内側の葉への薬剤散布が難しくなってくるのですが、黒点・うどんこ共に悩まされることはありません。

唯一残念なのは香りが乏しいこと。
これで香りが強ければ文句なしの優良品種ではないでしょうか。
スポンサーサイト





スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。