Top Page >> 植付け・植替え

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク





鉢バラの植替え時、憎っくき白い悪魔が現れたら、諦めて根を洗おう。


DSCN1555_R-001.jpg

鉢バラの植替え時は落とした土も確認しよう

鉢バラの植替えについては、最近は全て土を落とさずに荒く土を落として植替えることを薦める御仁も増えてきました。
コンちゃんもその一人で、わざわざ完全に土を落としたり、根を洗う必要は無いと思っています。

しかし・・・それも、あの白い悪魔を見るまではの話です。

根鉢を崩している最中に落とした土の中に怪しげな白い物体・・・そう、憎っくきコガネムシの幼虫(ネキリムシ)です。

ネキリムシは鉢バラにとって最大の強敵。こいつに手に掛かると再起不能に陥ることも。

ネキリムシは1匹存在を確認したら、最低5匹以上はいると思ったほうが良いです。
酷い時には1鉢に20匹位いることもあります。

兎に角、土は全部落としてしまいましょう

残念ながらネキリムシを確認してしまった株は、土を全部落としてしまいましょう。

こいつらは何処に潜んでいるかわからないからです。
また、かなり小さな幼虫もいますので、見逃す可能性もあるからです。

ちなみに、一番上の画像ですが、実はこの画像の中に3匹の幼虫がいます。
2匹は小さすぎて分からないでしょ(笑)
これくらい、大きさに差があるので要注意です。

念には念を入れて、根も水で洗い万全を期そう

DSCN1553_R-013.jpg

もうここまで土を落としてしまったら、諦めてしっかり根も洗ってしまいましょう。
これで完全にネキリムシとはオサラバできる筈です。
ついでに癌腫の確認もできますしね。

根を洗うときは、流水で土を洗い流しても良いのですが、コンちゃんの場合はホースの水をストレートにして水圧で吹き飛ばします。
こうすれば、根元の土もしっかりと取り除くことが出来ます。

ここで、根を水に1時間位漬けて吸水を・・・なんて人もいるかもしれませんが、一連の作業を連続して行う場合なら必要ありません。
途中で休憩するなら、休憩中は水につけておいたほうが良いとは思いますけどね。

植付時には根の間にもしっかりと土が行き渡るように、棒で突き入れましょう

DSCN1564_R-010.jpg

「突き入れる」と書いていて何ですが、実際には棒を根の中に入れて、”左右に揺さぶる”感じです。
上下に動かしてもそんなに土は入って行きません。逆に根を痛める結果にも成りかねません。
左右に動かして、根の間に入れていくと、いくらでも入っていくんじゃないかと思えるほど入っていきます。

今後の根付きにも影響しますので、この作業は念入りに四方八方から何度か行って、しっかりと土を入れましょう。
また、画像を見ると判ると思いますが、根の周りではなく、完全に根の中に差し込んで根の間に土を入れていきましょう。

荒療治に見えますが、臆することなく作業しましょう

一般的な草花に慣れた人からすると、土を完全に落として、しかも根を洗うなど、とてつもない荒療治だと感じるのではないかと思います。

コンちゃんも初めはかなりビックリしたものです。

しかし、ちょっと考えてみれば、裸苗を作っていると思えば良いのです。
ただし、やっぱり株に負担が大きいことは確かなので、その後は水をやり過ぎず、かつ乾燥もさせすぎずの水遣りを心がけ、春の萌芽を期待しましょう。

コガネムシの幼虫は、生育期に被害が出ると、回復も難しくなります。
この時期に発見できてラッキーと思い、適切に作業しましょう。





スポンサーサイト





スポンサーリンク





来年も元気に咲いてくれるように 鉢バラの植替え


DSC_0042_R-007.jpg

極寒期こそ、鉢バラの植え替えを

極寒期といっても、コンちゃんの住まう関東平野(千葉県)は雪が降らないので、植替えは今が適期です。

千葉だとまだ12月は暖かいんじゃないの?という声も聞こえそうですが、今年既に最低気温氷点下3度を記録していますので大丈夫(笑)
流石に完全に休眠に入っているわけではありませんが、生育はほぼストップしています。
暖かいのは海際と房州(安房国)の話ですよ。

適期は12月の後半から2月初旬まででしょう。

まずは上部を整えましょう

DSC_0033_R-035.jpg


今回サンプルとなる株は1987年京成バラ園芸作出の「春芳」です。
初夏に売れ残り新苗を購入して1年目の株になります。

鉢バラの植替えは根鉢を崩し、土のリフレッシュも兼ねていますので、相応に根にもダメージを与えます。
そのため、根に合わせて、ますは枝の整理しなければなりません。

といっても、難しいことではなく、要は大苗を作るイメージで切れば良いのです。

この際、早い時期(まだ寒さが厳しくない12月頃)の植替えの場合は、植替え後に芽が動き出してきますので、それを見越して2月の冬剪定で丁度良いように1・2芽長く残しても良いです。

今回は寒さが増してきていますので、冬剪定も兼ねてバッサリと剪定しました。

DSC_0036_R-001.jpg


株を鉢から抜いて土を落とします

DSC_0045_R-010.jpg

枝の整理が終わったら、株を鉢から抜きますが、これがなかなかの重労働です。
伸びた根が鉢にくっついてなかなか外れません。

上の画像のようなスパチュラ(ヘラ)を差し込んで、ぐるりと一周させると楽に抜くことが可能です。

コンちゃんが使っているスパチュラ「仁作 植え替え名人400」の記事はこちらです。

頑固な鉢バラを楽に抜く強い味方 仁作 植え替え名人400


DSC_0049_R-014.jpg

鉢から抜くと、この様に根が回っていますので、ほぐしながら土を落としていきます。
この際に、多少根が切れるのは問題ありません。そのために先に枝を整理してあるのですから。
とは言っても、無駄に千切るのは良くありませんので、丁寧に土を落とすようにしてくださいね。

DSC_0053_R-018.jpg

バラ会などでは、根を流水で洗って完全に土を落とすことを推奨している場合も多くあると思います。
そこまでしなくても大丈夫ですが、もしネキリムシの発生が見られたら、潜んでいるかもしれませんので念入りに土を落としてください。

あとは大苗の植付けと同様です

DSC_0065_R-030.jpg


ここまでくると判るかもしれませんが、要は大苗を作って植え付けていると思えば大方間違っていません。
2年3年と育った株でも剪定部位が冬剪定に準ずるだけで、大苗のごとく植え付ければ大丈夫です。

大苗の植付け方は以下の記事を参考にしてください。

大苗だからって根鉢を崩すのは間違いです ポット大苗の植付け方


施肥は3月に入って芽出し肥から規定量をあげるようにしましょう。

以上のように、鉢バラの植替えは大苗の植付けの応用だと考えれば判りやすいと思います。
寒さの厳しい時期を見計らって、冬剪定も兼ねて植替えをしましょうね。









スポンサーリンク





春に後悔しないように 大苗の選び方3ヶ条


DSCN1486_R-006.jpg

その1 太い枝が多いものを選ぶべし

近年は10月を過ぎる頃からロングポットに植え付けられた大苗の販売が始まります。
色々な品種が店頭に並び目移りしてしまいますが、より太い枝が多い苗を選びましょう。

太い枝からは良い花枝が出ますし、花も多く咲かせることが出来ます。

以前は太い枝が3本ある苗が良いと言われていましたが、品種に依る差異が大きいので1本でも太い枝があれば良い苗だと京成バラ園芸の鈴木満男氏は仰っています。

何れにせよ、枝は太いほうが良いというのは間違いないです。

その2 芽が動いていても構わない

一昔以上前ですと、大苗は1月頃に並ぶものでしたが、最近は何でも早く出したがるため、10月頃から店頭に並ぶことも少なくありません。

これは裸苗や根巻き苗など完全に休眠期に入っていないと流通させられなかった状況から、ロングポットに仮植えすることにより、より早期に長期にわたって流通させることが出来るようになったことが要因のように思います。

そのため、10月に出荷された苗の芽が動くのは当然のことですから、芽が動いていても心配しなくて大丈夫です。

先に書いたように、以前は休眠期に入ってから掘り上げられるので、芽が動いていないものが良いと言われていたのですが、最近の流通事情では、これは当てはまらないのです。

逆に、他の苗は芽吹いているのに、芽吹いていない苗を選ぶのは危険です。
掘り上げ時期が同じであれば、何らかの要因で生育が止まってしまった=根に障害があるということが考えられます。

バラは強い植物なので、ロングポットに植えてあれば根付きが悪くても、この時期ではパッと見では判りません。
春になって、芽が動き始めてから枝に皺が入って枯死するというパターンが多いようです。

ですから、他の苗が芽吹いているのであれば、芽吹いている方が順調に生育しているという証になります。
芽吹いてしまった苗は冬剪定の時期に整えてあげれば良いのです。

その3 比較は同一品種で行うこと

これまで書いてきたように、良い大苗の見極めは他の苗との比較が大事になります。
そのため、在庫数が多い店のほうが見極めが容易です。

ただし、比較は同一品種で行うことが大事です。

枝の太さやシュートの出方は品種により結構変わりますので、元々枝の細い品種と太い品種を見比べても何の意味もありません。
芽吹きの早さも品種により多少の差異がありますので、こちらも同一品種間で比較することが重要となります。

上の画像は別品種なので比較にはなりませんが、仮に同一品種だと仮定すると、左のほうが良い苗となります。

コンちゃん的には薦めない 大苗の選び方は難しい

基本的に休眠期に購入する大苗ですから、苗の良し悪しの判断はとても難しいです。
失敗すると上手く根付かずに春に枯死します。
結果が判るのは3~4ヶ月も先になってしまうので、色々な要因が絡んでより複雑になります。

上手く育てられれば立派な花を春に堪能することが出来ますが、代わりにリスクも大きいのが大苗です。
価格的にも結構高いですし、枯死したときのショックも大きいです。

元来は輸入苗が主流であったり、コストの軽減が理由で流通が多かった大苗です。
未だにこの頃の情報で書かれている本も多いので、今の状況に合った選び方をしましょうね。









スポンサーリンク





大苗だからって根鉢を崩すのは間違いです ポット大苗の植付け方


DSCN1494_R-014.jpg

大苗にも2種類あります 裸苗とポット苗

薔薇の苗としては、大苗を薦める方も多いと思います。
冬に植え付けて、春から楽しめる大苗は開花までのお世話も比較的楽で、綺麗な一番花を楽しめるので良いですね。

ところが大苗と入っても裸苗(根巻き苗)とポット苗の2種類あり、それぞれ扱いが微妙に変わります。

裸苗とは、畑から掘り出した苗の土を取り除き、根を剥き出しのまま(あるいは水苔などで包んだ状態で)出荷される苗のことです。
一昔前はホームセンターでも取り扱っているところがありましたが、最近は通販での購入時くらいしかお目にかかる機会もないのではないでしょうか。

そもそも裸苗は輸入苗が検疫の関係で土を持ち込めない状況だったり、出荷手間や運賃コストの軽減に功を奏す販売方法で、決してバラのためではありません。
そのため、生育期に流通させることが出来なく、已む無く真冬の休眠期に出荷するしか無いのです。
大苗は半日水につけてから植え付けるという方法も輸送中に乾燥している裸苗だから行う作業です。

代わって、ポット苗(大抵はロングポット)は掘り出した苗をポットに仮植えした状態で販売しているものです。
根は動いていますし、新芽も展開しているものも多々あります。

ポット苗の場合は極々限られた状況以外では根をいじるのは極力避けたほうが良いでしょう。

畑から掘り起こされたバラにとっては根や葉を大きく来られて疲労困憊で、やっとポットの中で落ち着いたと思ったら、また植え付けで折角伸ばした新根を千切られるなんて傷に塩を塗り込められるようなものです。

本やテレビなどでやっている大苗の植え付け方法は裸苗前提のものが未だ多く、現実に即していないのが現状です。

ポット植えの大苗は根鉢を崩さずに植え付ける

ロングポット苗を植え付ける際は、新苗同様根鉢を崩さずに植えるのがオススメの方法です。

2月頃に売れ残った大苗で根がびっちり廻っている大苗の場合は、多少根を切ってやっても良いですが、それ以外はそっと植え付けてあげましょう。

DSCN1495_R-015.jpg

所々から白い新根が出ているのが分かりますでしょうか。
この状態で根鉢を崩そうとしたら、ほぼ間違いなくこの新根は切れてしまいます。

DSCN1497_R-017.jpg

根が動いていますので、地上部の芽も動いています。

このような状態のポット苗は新苗同様にそのまま植え付けましょう。

用土については、以下の記事を参考にしてください。

黄金比は3:3:2:2+1 鉢バラ植付け用の用土を自分で作ろう


DSCN1503_R-023.jpg

この時、接ぎ木テープが巻いてあったら、取っておきましょう。
最近は紫外線で分解する接ぎ木テープもあるようですが。

最後に支柱を立て、しっかりと水をやって植え付け完了です。

DSCN1505_R-025.jpg


大苗が根付かずに枯れてしまった・・・なんてことはありませんか

いくら休眠期と言っても、最近の暖冬ではほんとに休眠してるんかいなという状況ですし、いくら丈夫なバラと言っても短期間に何度も根を弄られては後の生育に影響してしまいます。

大苗が春になっても弱々しい枝しか出ずに枯れてしまったなんて経験はありませんか。

大苗の植付けは、裸苗とポット苗でやり方を変えてあげましょう。











スポンサーリンク





黄金比は3:3:2:2+1 鉢バラ植付け用の用土を自分で作ろう


DSCN1468_R-010.jpg

理想的な鉢バラの用土とは

園芸店などにいくと、「◯◯の土」と言ったものが多数並んでいますよね。
もちろん、その中には「バラの土」もあるわけですが、「バラの土」に求められる性質ってなんでしょうか。

よく、通気性・保水性・排水性を兼ね備えた用土などと言われますが、実際には漠然としすぎてしまい、どうすればよいのかよくわからないというアナタ。
簡単におさらいしておきましょうね。

  • 通気性
    空気の通りが良いこと。根も呼吸しています。空気がないと根も窒息してしまうのです。
    通気性は排水性と密接に関係しています。通気性が良い=排水性が良いと考えてまず間違いありません。
  • 保水性
    水を十分に蓄えることが出来ること。ただし、保水性が良いと相反して排水性が悪くなることも良くあります。
    極端を言えば、泥のようなものを想像してもらえれば良いです。
  • 排水性
    水のヌケが良いこと。先にも書いたように根は呼吸していますので、常に水に使っていては窒息してしまいます。
    そのため、必要な水分を吸収した後は速やかに下へと流れでてもらうことが重要です。

赤玉土は万能選手の基本用土

上で記載した「通気性・保水性・排水性」の3つを兼ね備えた用土、それが赤玉土です。
赤玉土は粒の大きさによって、「大粒・中粒・小粒」と分類されることが多いですが、明確な規格はありません(たぶん)。

通常は中粒と言われるものが培養土には調度良いサイズとされています。
大粒は軽石の代わりに使われることも有りましたが、最近はあまり利用する機会はないと思います。
小粒は小さめの鉢用や重い土を好む植物用、または種蒔き用として利用されることが多いです。

バラは重めの土が良いと言われていますので、コンちゃんは中粒と小粒を等量混ぜて使っています。

土壌改良に有機物をプラスしよう

ご存知のように、良い土と言われるのは有機質を含んだ「富んだ土」を言います。

赤玉土には有機質はほぼ含まれておりませんので、有機物を追加してあげましょう。
よく使われるものは以下の3つ。
  • 腐葉土
    落ち葉などを堆積し腐食させたもの。広葉樹の葉で作られるのが一般的。
    肥料分はほぼ含まず、土をフカフカにすることを目的として使われることが多い。
  • 堆肥
    家畜ふん尿を堆積、腐食させたもの。牛ふん・豚糞・鶏糞などあるが、土壌改良材としては牛糞堆肥がよく利用される。
    他にバーク堆肥もあるが、こちらはバーク(おが屑など)を家畜ふん尿と混和して腐食させたもので、土壌改良効果は高い。
  • ピートモス
    その名の通り、コケ類を腐食させたもの。保水性が高く、排水性も悪くありません。
    また、軽量なのでハンギングバスケット用の基本用土として利用されることも多いです。
    ただし、酸性用土なので、通常は石灰などで調整して使用します。ブルーベリーや皐月など賛成を好む植物には、未調整で使用します。
    ピートモスは非常にフワフワしているため、根張が良くなることもあり、最近はこれを主体した用土も多くありますが賛否の別れるところであります。

腐葉土と堆肥で注意しなければならないことは、しっかりと腐熟したものを使うことです。
と言っても、普通ホームセンターや園芸店で安く販売しているものは不十分なものが大半なので、購入後すぐに使用せずに3ヶ月~6ヶ月程、雨の当たらないところで腐熟を促してから使用すると良い結果が出ることが多いです。

コンちゃんは腐葉土と堆肥を等量ブレンドして使用します。

配合は基本用土6改良土4+α

コンちゃんの好む配合は最近のバラの土としては結構重めの土です。
鉢植えだと移動が大変ですが、バラには重めの土が合うように思います。

昔からよく言われているのは赤玉土中粒7:腐葉土3の配合ですが、これだと若干水捌けが良すぎるように感じますので、若干手を加えています。

コンちゃん流鉢バラ用培養土の配合は
<基本用土> 赤玉土中粒3:赤玉土小粒3: <改良土> 腐葉土2:堆肥2:籾殻くん炭1
DSCN1470_R-013.jpg

籾殻くん炭は酸度調整と珪酸の補給、多孔質に依る土壌改良効果の向上を狙って追加しています。
籾殻くん炭は細かいので、用土の隙間に埋まるので分量外の+αとして混和しています。

これを赤玉が潰れないように丁寧に混和して使います。
DSCN1473_R-015.jpg

用土が出来上がったら1週間程度寝かせておきましょう

混和が終わると一応用土は完成しますが、これでは土が馴染んでいませんので1週間程度は寝かせてから使うのが良いです。

使用した堆肥が未熟であった場合も、土と混和されることにより発酵が促進され、害が出る可能性も軽減されます。
本当なら1ヶ月程度寝かしておくと、多少未熟な有機物が混じりこんだとしても腐熟が進みますし、土としての馴染みも良くなります。

また、馴染ませるために若干の水分が有ったほうが良いので、軽く湿らせてから寝かせておけば最良です。

用土に正解はなし あなたの栽培環境に合わせて独自の配合を編み出しましょう

最適な用土というのは人それぞれ違います。
大きな鉢に植えたい人、逆に小さい鉢に植えたい人、軽い土が好きな人、水持ちの良い土が好きな人など栽培者の好みや環境によって千差万別です。

例えば、大きな鉢に植える人は排水性を重視して赤玉土中粒7+腐葉土3にしたり、軽い土を好む人はピートモス5+鹿沼土3+堆肥2を石灰で酸度調整してみたりなど創意工夫が大事です。

他にパーライトはコガネムシの産卵を抑制する効果があるとして混和する人も居るようです。

様々な用土の性質を理解して、あなたも自分自身の黄金比率を見つけてみては如何ですか。











スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。