Top Page >> 剪定・誘引

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク





バラを剪定する4つの理由


DSC_6129_R-042.jpg

なぜ毎年剪定しなければいけないのだろう

バラ栽培家にとって冬は最も忙しい時期である。
寒肥・剪定・誘引、鉢バラなら土替え・鉢増し、大苗の植付けも冬場の大事な作業である。
#昔はこれに石灰硫黄合剤の散布がありましたが、現在ではあまり主流ではないですね。

コンちゃんなどは、寒風吹きすさぶ中に手足が痛くなりながら作業していると、「バラ愛好家は”マゾ”なんじゃないか」と思えてきます(笑)

そんな辛い冬の作業ですが、もちろん大事な意味があるから毎年作業を行うのです。

バラを剪定する理由1 樹高のコントロール

もし、剪定しないまま翌年を迎えると株はどうなってしまうのでしょうか。

バラは頂芽優勢の法則がありますので、翌年も頂芽が芽吹いてきます。
要するに、樹高はどんどん高くなるということです。

樹高が高くなると、折角花が咲いても下から見上げることになってしまいます。
そのため、観賞期の5月・10月に程よい高さで花が咲くように短く切って樹高を調整しているのです。

バラを剪定する理由2 良い枝に良い花を咲かせるため

古い枝や細い枝には良い花は咲きません。
ですが、その枝も生育に養分を使うため、株全体に十分に養分が行き渡らなくなります。

古い枝や細い枝を整理することによって、良い花を咲かせてくれる枝に集中的に養分を与えることが出来るのです。

バラを剪定する理由3 病害虫の被害を軽減させるため

極寒地を除き、病気の菌は越冬することが出来てしまいます。
特に托葉(葉っぱの付け根の辺り)が残っていると、そこで菌は越冬しやすくなります。
菌が越冬すると、春の発病が早くなりますし、耐性の付いた菌が生き残り、殺菌剤の効きが悪くなってしまいます。

また、葉っぱについていた害虫の卵やカイガラムシも剪定時に駆除されることになります。

更に、剪定により余計な枝が整理されますので、生育期も風通しが良くなり、病害虫の発生を抑制してくれるという恩恵もあるのです。

バラを剪定する理由4 株の若返りを促します

バラは基本的にはシュートを更新して株を若返らせることができる植物です。
古い枝が残ったままだと、新しいシュートも出づらくなります。

新しい枝には良い花が咲きますので、なるべく多くのシュートを発生させたいものです。

そこで、剪定することにより、ベーサル・サイドともにシュートの発生が促され、良い花も咲き、株が若返ることが出来るのです。

バラの剪定は、良い花を咲かせるための人間の都合

バラは剪定しなくても枯れることはありません。
もちろん、自然界では剪定してくれる人なんて居ませんからね。

ですから、剪定は人間の勝手で行われるものですから、人様の都合で行えばよいのです。
樹高をもっと低くしたいなと思えば、より深く切ればよいですし、大きな花が見たいと思えば枝数を制限すれば良いといった感じです。

たとえ、失敗したなと思っても、翌年の剪定でやり直すことが出来ますし、シュート更新してしまえば過去の誤ちともオサラバできます(笑)

冬剪定は、迷ったら切る。それで良いと思います。正解なんてないのですから。
何年か経験すれば、自ずと見えてきますし、バラもそれまでは耐えてくれる丈夫な植物ですよ。







スポンサーサイト





スポンサーリンク





2016年 バラの冬剪定を行いました。


冬剪定してますか?

バラ栽培では冬の作業は目白押しですが、メインイベントの冬剪定は済みましたか?

関東平野部では1月から2月中旬くらいまでが適期です。

それより早いと芽が動き出してしまいますし、遅いと株へのストレスが大きくなってしまいます。

HT第1号 ラ・フランスの例

DSC_6131_R-008.jpg


記念すべき初のHT品種、ラ・フランス。
今のHTと比べると、すこし華奢な部分もありますが、未だに衰えぬ魅了にあふれた品種です。

樹高は大きくなりすぎることはありませんが、細い枝が多く、花首が垂れるように咲くことも多いです。
シュート更新して育てていくタイプのようです。

まずは古いシュートを切り捨てるか、株元を見て考える

fuyusentei.jpg

株元を見ながら、残すシュートと切り取るシュートを選別します。

上の画像の一番右側のシュートだけ、一際古く、2年以上経ったシュートと思われます。
真ん中のシュートは剪定痕から去年のシュート、残りは今年のシュートです。

こうやって見ると、2年以上前のシュートは明らかに老化した感じですし、今年は良いサイドシュートの発生もないようです。
幸い、今年は新しいシュートの発生がありましたので、これは切り取ることにします。

なお、真ん中ら辺に写っている一番緑色の細い枝。
これも細いので切ろうかな・・・と思いましたが、小心者のコンちゃんは残すことに。
でも、今これを書きながら、やっぱり切除しようと思っているコンちゃんです。
明らかに充実してないですもんね。明日にでも切除します。

上部は前年の剪定位置を確認しつつ、今年の剪定位置を決めましょう

DSC_6138_R-005.jpg


あとは、上部を去年の剪定位置を基準としつつ、高さを調整して切り詰めていけば大丈夫です。

去年は樹高が高かったなと思えば、今年のシュートは1段下げて剪定すれば良いし、逆なら1段上げれば良いのです。
また、剪定する枝は去年の1番花が咲いた枝になります。これを見目麗しく3芽残して剪定すれば大丈夫です。

兎に角迷ったら切れ 3年もすれば何となく出来るようになる

初心者のかたは、冬剪定を何処で切ろうか大分悩むことと思います。
コンちゃんも相当悩んで切れずに時間ばかり掛かっていました。

ところが、一回剪定すると、剪定後の枝の伸びが見えてきますので、あとは3芽麗しくの法則で切るだけ。
3回も経験すれば、感覚が掴めてくると思います。

冬剪定は思い切りの良さが大事です。
ちなみに、この株の剪定にかかった時間は・・・3分くらいかな。

バラは冬剪定を行うことによって毎年栽培をリセットできる、人間に都合の良い花木です。

兎に角、切らないよりは切ったほうが良いのですし、余程酷いことをしなければ枯れることなんてありませんから、細かいことは気にせずにバッサリ切って年中に生育具合を観察、翌年の剪定で再挑戦と行きましょう。












スポンサーリンク





バラも年越し準備です 11月も半ばを過ぎたら花ガラ切りは花首だけチョンと摘もう


徐々に寒さが増してきます

11月も半ばをすぎる頃、遅れた秋バラがまだまだ咲いている人も多いですよね。
しかしながら、もうそこまで冬がやってきているこの時期はバラ達も冬支度へと移っていく時期であります。

今から花ガラを切っても、次の花はもう年内には咲きません

近年は暖冬のせいか12月になってもまだバラが咲いていますが、12月になるともう寒肥や植替え、誘引など冬の作業が目白押し。
バラも休眠してしっかりと休んでもらわないといけません。

いつまでも花を咲かせていると、バラは花へ養分を送ってしまいますので枝が充実してきません。
そのため、11月も中旬を過ぎたらもう年内には次の花は咲きませんので、通常のような花茎を半分くらいにする花ガラ切りは必要ありません。
逆に、株に養分を蓄えさせるために葉は1枚でも多く残しておきたいところなのです。

そこで、この時期の花ガラ切りは花首だけをチョンと切るだけに留めます。

DSCN1460_R-002.jpg

右側の花はもう終わりですので、葉は切らず、花だけをチョンと摘みます。

DSCN1462_R-004.jpg

これで貴重な葉を無駄にせず、冬支度のために働いてもらいます。

12月に入ったら、蕾も摘んでしまいましょう

12月になったら、もう蕾も咲くことはありません。
本格的な冬が訪れる前に、その段階で蕾だけを同様に摘んでしまいましょう。

上画像の左の蕾のように開きかけたものでしたら、切り花にして室内と置くと咲いてくれるかもしれませんよ。











スポンサーリンク





年に5回咲かせたいなら、秋の花がら摘みは浅めにね。


IMGP0651_R-001.jpg

四季咲き性バラは年に5回咲く

待ちに待った秋バラの季節。

四季咲き性のバラ(HTやFL)は上手く育てると年に5回花を咲かせることが出来ます。
  • 春の1番花
  • 春の2番花
  • 夏花
  • 秋の1番花
  • 秋の2番花


秋バラの花柄摘みは少し弱めに行う

秋の2番花は、どんどん寒くなっていく冬の足音を聞きながら咲いていきます。
そのため、春と違って成長が緩慢に。花柄切りが遅くなると咲かずに冬を迎えてしまうこともあります。

そこで、秋バラの剪定は少し弱めに行うと、花のサイズは少し小さくなりますが年内に咲いてくれる可能性が高くなります。
普段の剪定位置から1芽上くらいで十分です。

もちろん、時期も早いほうが良いですから、花が傷んできたなと思ったら早めに切って、次の花へ期待しましょう。
早めに切ったバラの花は、切り花として室内で飾っても愉しめますよ。









スポンサーリンク





剪定したけど、狙った芽が動かなかった時の対処法


megaugokanai.jpg

剪定が終わってホッとしたのも束の間、折角切った場所の芽が全く動く気配がない・・・そんなことありますよね。

理由はいろいろ考えられます。
  • 剪定位置が芽から離れすぎていた
  • 芽の近くで切ってしまった
  • 動き出した芽が何らかの理由で傷んでしまった
  • もともと芽に力がなかった
  • などなど

そんな時は、樹にとって都合の良い芽が動き始めます。
多くは頂芽優勢の法則に従い、その下の芽が動き始めます。

上の画像もそうですね。
剪定位置の芽が動かず、その下の芽が動き出しています。

こうなってしまったら、剪定位置の芽は動かないので、動き出した芽の上でもう一度切り直します。

megaugokanai2.jpg

先程も書いたように頂芽優勢の法則は生きていますので、動き出した芽を頂芽にしてあげるのです。

こうすると、動き出した芽にしっかりと養分が行き渡り、芽の動きに勢いが出ますよ。

これは夏剪定だけではなく、冬剪定でも使える技です。
特に冬剪定だと、剪定後の寒さで芽がやられることもありますので、その際は同じように下の芽で切り直してください。







スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。