Top Page >> 病害虫対策

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク





農薬散布の時に気をつけている6つの事


DSC_6194_R-004.jpg

農薬の散布には気をつけることがイッパイ

年間に30回程度農薬を散布しているコンちゃんですが、こんな事に気をつけて散布しています。

1、気温
2、時間
3、風
4、降雨予想
5、人通り
6、後片付け

なんか色々あってめんどくさそうに思うかもしれませんが、実は結構関連している項目もあります。

気温

これはかなり大事な要素です。
気温が高い(25度以上)の時は薬害が出やすくなりますので、これを超えないような時を見計らって散布します。

梅雨が明けて熱帯夜がやってくると、実質的に25度以下の時間はありません。
出来ることなら散布せずに済めばよいのですが、夏場の散布は秋の実績に大きく影響します。
そのため、なるべく気温の低い時に撒くようにしています。

また、ダコニールなど高温期に薬害の特に出やすい薬剤は他の薬剤にチェンジしたりして予防しています。

時間

上の気温で気づいた方もおられると思いますが、一番気温の低い時間って何時でしょう。
答えは日の出の時間です。
ですから、朝の5時位に散布できるのが一番良いのですが・・・・貴女の庭で朝の5時から散布してたら近所迷惑になりませんか?
コンちゃんの家は住宅地なので、流石に朝の5時は非常識な時間帯です。

平日なら強いて6時位なら大目に見てもらえそうなので、平日なら6時くらいから土日なら7時くらいから散布するようにしています。
また、終了も10時には終わるようにしています。

風が強いと綺麗に散布できませんし、周りに飛散するドリフトもありますので、なるべく風のないときに散布するようにしています。
もちろん、自分自身が被爆しないためというのも理由の一つであります。

低気圧などが接近していて気象的にどうしても風の強い日というのはありますが、そういう日は諦めます。
近所への飛散が不快感を高めますし、通行人に掛かってしまうとトラブルの元になりますからね。

さて、では穏やかな日の中でも一番風の弱いときってどんな時でしょう。
これは気温が動かないときです。風とは温度差による空気の流れですからね。
つまり、一番寒い時か一番暑い時が風もなく穏やかなのです(これはコンちゃんの経験則)。

暑い時は薬害の心配がありますので散布には向きませんから、寒い時間帯に散布するようにします。
すると、朝なんですよ。早めの朝。上の時間で書いた時間になるわけです。

そして、10時を過ぎるころには気温も上昇してきて空気が動き始めますから、それまでに終わるように散布するのです。

降雨予想

もちろん、雨の降らない日がベストです。
ただ、コンちゃんのような週末ガーデナーはそうも言ってられないので、降り始め間で3時間くらい間があるようなら散布しています。

人通り

住宅地で散布する以上、これは気をつけないといけません。
特にお隣さんが外に出ているときは絶対に避けます。
散布中に出てこられたら、その場で散布を中断します。それくらいの徹底は必要です。

あとはなるべく洗濯物を干し始める前の時間に終わるようにしたり、通行人が来たら一時散布をやめるなど結構気を使っています。
コンちゃんなんか、散布中に近所の人が話しかけてきたりすることもありますので(笑)

今まで何も言われたことがなくても、少なからず嫌な気持ちではいるはずです。
こんなことで近所との仲が悪くならないようにしましょうね。

後片付け

まず、使った器具はしっかりと水で洗いましょう。
噴霧器はもちろんスポイトなども丁寧に水洗いしてから仕舞いましょう。

噴霧器は残った薬剤を捨てた後、中を真水で2~3回バシャバシャと揺すり洗いしてから、散布量と同量以上の水を散布してノズルに残った薬剤も綺麗に排出されるように気をつけています。

前もどこかで書いたと思いますが、粉剤やフロアブル剤は決して水に溶けているわけではないので、乾くとノズルが詰まる原因になります。

要は朝に散布しましょうってことです(笑)

要約してしまうと、これに尽きます。
気温も低いし風の穏やかで人通りも少ない。

ただあまり早すぎても近所迷惑でしょうから周りが起き始める頃合いを普段から観察(笑)して、その時間から始めると良いと思います。

上でも書いていますが、薬剤散布は近所トラブルの元になりやすい作業ですから、なるべく周りの人が大目に見て貰えそうな範囲で散布してくださいね。





スポンサーサイト





スポンサーリンク





葉の先端だけ縮れて枯れてきたら、それは農薬散布による薬害です


IMGP0694_R-015.jpg

葉の先端だけ、何故か縮れて枯れてしまうことはありませんか

そんな症状が見られたら、それは薬害に依るものです。

薬剤散布をすると判ると思いますが、滴り落ちるほど薬剤を散布すると葉っぱの先端部分に薬液が溜まることがありますよね。

その部分が乾く時に薬剤の濃度が上がってしまうので、高濃度で散布した時と同じ状態になってしまうのです。

株全体に見られるときは、肥料焼けかもしれません

この薬害の場合は、葉の先端部分が反り返って、水分が溜まるような形になっていた葉にだけ見られます。

ところが、同様な状態が株全体に発生する場合があります。
このような状態になった時は、肥料焼けを疑ってみるべきです。

大量の肥料を施すと、所謂塩害と同じ状況になりますので、株の水分が失われて先端部分から枯れていきます。
この場合は、特定の葉だけでなく株全体に症状が発生しますので、判断できるかと思います。

この薬害を出さないために注意する2つのこと

これを防ぐには、必要以上に多量の散布をしないこと。
殺菌剤は滴り落ちるほど散布しなくても十分に効果を発揮します。

あとは、散布後に軽く枝を揺すってやって、溜まった薬剤を流してしまうことくらいしかありません。

殺菌剤はふんわりと全体に掛かるくらいで良いのですが、掛けムラが出ないようにとついつい量が多くなりがちです。
また、薬剤の2度がけも百害あって一利なしですから、控えるようにしましょう。










スポンサーリンク





成長点を食いあらず憎い奴 ホソオビアシブトクチバ


ホソオビアシブトクチバ


ホソオビアシブトクチバ

バラの成長点を食べる憎っくき奴です。時として、蕾も食い荒らすことがありますので許しがたい。
普段は茎に沿ってジッとしており、余り目立たないのが更に憎さを倍増させます。

成虫はガの一種で、結構よく見かける種類です。

夏場に大発生することが多いので、夏場は薬剤散布しないという方は要注意な害虫です。

ノックダウン効果のある殺虫剤を使うと、もがき苦しんで地面に落下するさまを見ることがあります。
つるバラに発生した際などは、その多さに吃驚してしまうことも。

見つけたら、即排除です。










スポンサーリンク





安全性が高いBT剤、是非ローテーションに加えたい殺虫剤 エスマルクDF





基本情報

薬剤名 エスマルクDF
分類 殺虫剤(普通物)
有効成分 バチルス・チューリンゲンシス菌の生芽胞及び産生結晶毒素 
系統 BT剤
剤形 水和剤
適用 花き類・観葉植物 コナガ・オオタバコガ 
希釈倍数 1000倍
 総使用回数  - 


BT剤とは?

BT剤とはバチルス・チューリンゲンシスという天敵細菌を利用した生物農薬です。
鱗翅目の害虫が、この菌を食べると胃の内部で毒素に分解されるという変わった機構の殺虫剤です。

人間がこの菌を食べても影響はないため、人体に対して無害であると言われています。
それもあってか、総使用回数に定めがなく、回数を気にせず使うことが出来ますが、一部抵抗性害虫の発生が確認されていますので、闇雲に使用するのは避けるべきです。

また、その殺虫作用から鱗翅目害虫にしか作用しないという選択性を持った殺虫剤となります。

ローテーションに加えたいイチオシ殺虫剤

選択性殺虫剤のため他の生物には影響が少ないことと、人間への安全性の高さなど、所謂殺虫剤とは一味違った効能を持つ殺虫剤です。

アブラムシやハダニへの効果は期待できませんが、浸透移行性殺虫剤の効果が持続している間や、通常の殺虫剤では効果が出にくい老齢幼虫などへの対応として、ローテーションに加えてみたい殺虫剤の第一候補です。






農薬の使用については必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従って正しく使用してください。






スポンサーリンク





農薬は何日間隔で散布すればよいのか考えてみる


あなたは年に何回農薬散布しますか

正直、誰だって農薬散布の回数は減らしたいと思っているに違いない。
面倒だし、住宅街だと近所の目もあるし、時として具合が悪くなるという人もいるでしょう。

しかしながら、予防的薬剤散布は感染させないことが目的なので、農薬の効果が出ていない期間は無い方がよいのです。

一度散布すればどれくらい効果があるのだろうか

では、農薬の効果はどれくらい持つのでしょうか。

殺菌剤の場合、効果は10日~14日間ほど効果が持続すると言われています。
ただし、これは展着剤を使用して、かつ降雨がない場合のことです。

つまり雨が降らなければ、安心を見て10日おきか14日おきに散布すれば良いとなります。

逆に雨が降ったら雨量にもよりますが、一度降ったぐらいなら7日間ほどは効果を持続していると言われます。
そのため、農薬散布後に雨が降ったら7日おきの散布となります。

従って、コンちゃんのような週末ガーデナーは「雨が降ったら毎週散布・降らなければ隔週散布」が正解だと考えています。

実際のところはどうなのか

しかしながら、コンちゃんの経験上から言うと、隔週散布では感染は防げないという印象です。
先に10日~14日と書いた通り、10日過ぎると感染が始まるように思います。

とは言え、週末ガーデナーのコンちゃんには10日おきの散布は大変困難ですから、10日を過ぎないように毎週散布となっています。

ただし、毎週散布はかなり時間的にも負担になっているのは事実ですし、肝心の週末が雨だと隔週、運が悪いと3週間後ということも有り得ます。

農薬効果の持続性を向上させるには

肝は展着剤にあります。

展着剤には色々な性能がありますが、効果の持続には「固着性」が重要です。

固着性に優れた展着剤としては「スカッシュ」があります。

スカッシュは湿展性などにも優れた機能性展着剤ですので、展着剤をスカッシュに変えるというのが1番有効な手段かもしれません。

または固着性にのみ優れた機能を発揮する「アビオン-E」を追加するというのも有効な手段です。

展着剤をうまく利用して、隔週散布で乗り切りましょう。

ただし例外があって、台風などの豪雨の場合は、いくら固着性に優れた展着剤を使用していても効果は維持できませんので、台風通過後はなるべく早い期間で散布する必要があります。

いずれにせよ、固着性を高めることにより、隔週での散布で効果を維持しましょうというのが、コンちゃんの答えです。


バラ 果樹苗 全般 花木類 乳化剤アビオン-E 500ml パラフィン展着剤 [P15Aug15]

アビオン-E 500ml パラフィン展着剤
価格:860円(税込、送料別)

スカッシュ500ml展着剤メール便対応は出来ません。P19Jul15

スカッシュ500ml展着剤
価格:1,101円(税込、送料別)




農薬の使用については必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従って正しく使用してください。







スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。