Top Page >> 殺菌剤

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク





夏場の黒点病予防剤として重宝します。 オーソサイド水和剤80




基本情報

薬剤名 オーソサイド水和剤80 
分類 殺菌剤(普通物)
有効成分 キャプタン
系統 有機塩素
剤形 水和剤
適用 バラ 黒点病 
希釈倍数 800倍
 総使用回数  -


黒点病の予防剤としてはポピュラーなオーソサイド水和剤80
特に夏場の高温時に、ダコニール1000は薬害が出やすいため、代わりに散布されることが多い薬剤です。

水和剤のため薬害も出づらいですし、総使用回数の定めが無いため使用回数に固執しなくても良いので重宝します。
以前は8回と定められていたはずですが、近年は総使用回数の定めのない薬剤も出てきました(エムダイファー水和剤など)。
#とはいえ、好きなだけ撒いて良いという考えは止めるべき。薬剤散布は必要最小限に抑えるのが基本です。

オーソサイド水和剤80はうどんこ病への適用がありませんので、うどんこ病については別の薬剤を混用するとよいでしょう。
うどんこ病への適用のある薬剤としては、ハーモメイト水溶剤カリグリーンあたりが無難でしょうか。


農薬の使用については必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従って正しく使用してください。


スポンサーサイト





スポンサーリンク





第3の刺客として是非加えて欲しい黒点病・うどんこ病の治療薬 フルピカフロアブル





基本情報

薬剤名 フルピカフロアブル
分類 殺菌剤(普通物)
有効成分 メパニピリム
系統 アニリノピリジン
剤形 フロアブル剤
適用 バラ 黒星病/うどんこ病/灰色かび病 
希釈倍数 2000~3000倍
 総使用回数  5回以内


薬剤散布に抵抗無い方も、治療薬は2系統になってしまっている人は多いと思います。
ホームセンターで揃えようとすると、どうしてもサプロールとトップジン(ベンレート)くらいしか選択肢がないのが実情です。

しかし、耐性菌の問題と治療薬をスパッと効かせるためにはやっぱり3系統揃えたいところです。

フルピカフロアブルはまだ比較的新しい薬剤で、コンちゃんの庭ではよく効きます。
これがあるかないかで防除の完成度は大きく変わりました。

問題は量と価格。
一番小さいものでも250ml。更に2000~3000倍で使用するため、一般家庭で有効期限内に使い切ることは稀でしょう。
また、価格も5000円超と高めなので、購入に躊躇してしまいます。

コンちゃんも大分迷ってローテーションに組み入れましたが、これを加えたことで安定的な防除が可能になったように感じています。
#フルピカフロアブルが良いというか、治療薬3系統の恩恵が大きいと思います。

普通のホームセンターではあまり取扱いがないと思いますので、所謂種苗店で購入するかネット通販を利用するのが良いでしょう。


農薬の使用については必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従って正しく使用してください。





スポンサーリンク





大事に使いたい黒点病・うどんこ病の治療薬 ベンレート水和剤





基本情報

薬剤名 ベンレート水和剤
分類 殺菌剤(普通物)
有効成分 ベノミル
系統 ベンゾイミダゾール
剤形 水和剤
適用 バラ 黒星病/うどんこ病 
希釈倍数 2000~3000倍
 総使用回数  6回以内


適用作物が多く、良く使われる薬剤です。
同系統にトップジンM水和剤がありますが、こちらも使用頻度の高い薬剤ですので、連用にならないよう注意が必要です。

更に、本剤は耐性がつきやすい薬剤と言われていますので、総使用回数は6回以内ですが、実際の使用回数はもっと抑えたいところです。

バラの黒点病治療薬は系統が限られていますので、耐性がつかないようにしっかりとローテーションを行って大事に使用していただきたいものです。

混用適否表がありましたので、リンクを張っておきます。
ベンレート水和剤の他剤との混用適否


農薬の使用については必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従って正しく使用してください。





スポンサーリンク





幅広い殺菌効果で愛用される予防薬 ジマンダイセン水和剤





基本情報

薬剤名 ジマンダイセン水和剤
分類 殺菌剤(普通物)
有効成分 マンゼブ
系統 ジチオカーバメート(有機硫黄)
剤形 水和剤
適用 バラ 炭疽病/黒星病/さび病/べと病/灰色かび病 
希釈倍数 400~600倍
 総使用回数  8回以内


ジチオカルバメート系殺菌剤は、耐性菌が出づらく適用も広いので、大変重宝する殺菌剤です。
実際、農家での使用頻度はかなり高いのではないでしょうか(作物にも依りますが)。

ジチオカルバメート系しては、他にエムダイファー水和剤とビスダイセン水和剤が有名ですが、ビスダイセンは平成25年2月27日に失効してしまいました。

とても使い勝手の良い予防薬ですが、唯一の欠点は葉が汚れるということでしょう。
特に鑑賞期の散布は多少躊躇されます。

別記事にもあるように、水和剤は最後に混ぜるようにすると葉の汚れも大分緩和されます。
難儀していた人は試してみてください。

ジマンダイセンにはフロアブル剤もあるが、こちらはバラに適用が無いため使用は農薬取締法違反となりますので注意してください。


農薬の使用については必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従って正しく使用してください。






スポンサーリンク





病気にも害虫にも効く便利な予防剤 サンヨール乳剤




基本情報

薬剤名 サンヨール乳剤
分類 殺菌剤(普通物)
有効成分 ドデシルベンゼンスルホン酸ビスエチレンジアミン銅錯塩(Ⅱ)(DBEDC) 
系統 有機銅
剤形 乳剤
適用 バラ うどんこ病/灰色かび病/黒星病/アブラムシ類/ハダニ類/チュウレンジハバチ 
希釈倍数 500倍
 総使用回数  8回以内


殺菌効果と殺虫効果を併せ持ち、使い勝手の良い薬剤です。
是非ローテーションの中に加えて欲しいです。

殺虫作用は気門閉鎖による呼吸阻害のため、耐性が付きにくいのが特徴です。
粘着くんアーリーセーフと同様の作用ですね。
そのため、ハダニへの適用があるのが嬉しいところです。


農薬の使用については必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従って正しく使用してください。





スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。