Top Page >> フロリバンダ(FL)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク





【品種紹介】 プリンセス・ミチコ(フロリバンダ)


DSC_5510_R.jpg



プリンセス・ミチコ


基本情報

系統 フロリバンダ(FL)
作出年 1867年
作出者 ディクソン(英)
花型 丸弁半八重咲き
色 濃いオレンジ色
芳香 微香

所感

現美智子皇后陛下が皇太子妃の頃に、英国の育種会社から捧げられたバラです。

剣弁高芯咲が好きなコンちゃんにとって、プリンセス・ミチコの花は好きな形ではないのですが、これは別物。
鮮やかなオレンジの花が房になって咲く様は大変見事です。
正直、皇太子妃には似合わぬ凡庸な花という印象だったのですが、実物は違いました。
庭で一斉に咲きほころぶプリンセス・ミチコを見ると、その華やかさに「プリンセス」の気品を感じずには居れません。

樹勢は旺盛。樹高は1.5m程度でしょうか。株張りは1mくらいみたほうが良いかもしれません。
当初、鉢植えで育てていた時は、それほど樹勢が良いと感じませんでしたが、地に下ろしたところ一変しました。
バンバン太いシュートをあげ、瞬く間に庭を飾ってくれました。
地植えでこそ、真価を発揮する品種なのでしょう。

トップの画像は2番花。
気温が高いので、色味が濃く出ています。

下の画像も2番花ですが、咲き始めなので春の色に近い。

DSC_5511_R.jpg

DSC_5516_R.jpg

生育は旺盛で、病害虫に弱い印象もない。
初心者の方にもオススメできる品種ではないでしょうか。
そういった意味でも銘花でしょう。




スポンサーサイト





スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。