Top Page >> ハイブリッドティー(HT)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク





【品種紹介】 ホワイト・クリスマス(ハイブリッドティー)


DSC_6125_R-038.jpg

ホワイト・クリスマス


基本情報

系統 ハイブリッドティー(HT)
作出年 1953年
作出者 ハワード&スミス(米)
花型 半剣弁高芯咲き
色 白
芳香 強香

所感

白バラの代表種として名高いホワイト・クリスマス。
若干クリームっぽい白色と、その濃厚な香りは人気があるのも頷けます。

しかしながら、このバラにはどうしても許容できない欠点があります。
それはボーリング。雨に濡れると花が開きにくくなる現象です。

ホワイト・クリスマスのボーリングはとても顕著で、開花期に一雨あると発現します。
しかも、春と秋は長雨の時期でもありますから、この期間に雨が降らないなんてことは稀。
よって、地植えでは殆ど良花に恵まれないというとても残念なバラです。

更にボーリングした花を放っておくと、そこから灰色かび病を発症するというオマケまで付いています。

このバラを綺麗に咲かせようとするなら、ハウス栽培にするか鉢植で軒下管理などで雨が避けられるようにするなど工夫が必要です。
一時期、蕾に袋をかけるということもやっていましたが、面倒なのと見た目の問題で最近はやっていませんので、更に良花を拝めないという有様です。

ただ、綺麗に咲いたホワイト・クリスマスはとても上品で香りも素晴らしい。
樹勢も強く大柄に育ち、存在感も十分です。

何度か手放そうかと思いましたが、未だに出来ずにいます。






スポンサーサイト





スポンサーリンク





【品種紹介】 プリンセス・ドゥ・モナコ(ハイブリッドティー)


IMGP0621-2.jpg


プリンセス・ドゥ・モナコ


基本情報

系統 ハイブリッドティー(HT)
作出年 1982年
作出者 メイアン(仏)
花型 半剣弁高芯咲き
色 白にピンク覆輪
芳香 中香

所感

元モナコ王国王妃「グレース・ケリー」に捧げられたバラです。

残念ながらコンちゃんには、このバラの真の美しさを写真に収める技術がありません。
太陽を浴びて輝くプリンセス・ドゥ・モナコは本当に美しいのです。

最初は全く気にもとめない品種だったのですが、確か谷津バラ園で初めて実物を満た瞬間に「絶対に育てる」と決めたバラです。

樹形は半横張り、樹高は低めの1.2m前後です。
我が家では花枝の伸びがあまり良くなく、高さの出ない品種です。
そのため、切り花には全く向かないバラです。
また、シュートの発生もほぼ無いため、シュート更新しないバラだと思われます。
照り葉で病気には強いほうです。

大変有名な品種ですが、「有名なのには訳がある」と思わせてくれる魅力的なバラです。









スポンサーリンク





【品種紹介】 ブルームーン(ハイブリッドティー)


IMGP0524_R.jpg

ブルームーン


基本情報

系統 ハイブリッドティー(HT)
作出年 1964年
作出者 タンタウ(独)
花型 半剣弁高芯咲
色 藤色
芳香 強香 ブルー香

所感

青バラの代表品種。
「ブルー香」という青系独特の芳香が魅力の品種。

青系を1つ植えたいというのなら、間違いなくこれが筆頭

我が家では樹勢は余り強くない。
どちらかと言うと弱いか・・・。樹高も1.5mが精々
シュートの発生も上手くいくと何年かに一度出てくるので、大事にして更新している感じ。

樹形はほぼ直立。

他の方のブログを見ると強健種となっているが、本当かな?といつも思う。
コンちゃん家のは挿し木(自根)なので、樹勢が劣るのだろうか・・・

それでも、綺麗に咲いた花を見ると、そんなことはどうでもいいかと思えてくる。


↓↓↓楽天↓↓↓↓↓↓アマゾン↓↓↓






スポンサーリンク





【品種紹介】 パパ・メイアン(ハイブリッドティー)


IMGP0504_R.jpg


パパ・メイアン


基本情報

系統 ハイブリッドティー(HT)
作出年 1963年
作出者 メイアン(仏)
花型 剣弁高芯咲
色 黒紅色
芳香 強香 ダマスク香

所感

1988年 世界バラ会議 殿堂入り

強香のバラといえば、パパ・メイアン。
とってもバラらしいダマスク香が広がる銘花です。

コンちゃんの一番好きなバラでもあります。
黒薔薇と称される濃い赤色はシックで落ち着いた雰囲気を醸し出します。
剣弁高芯咲の花形も如何にも薔薇!といった感じで大好きです。

樹形は半横張りで結構場所を食います。
1.5mX1.5m位は必要だと思います。

花つきが悪いと紹介されているHPもありますが、そうは思いません。
我が家では花つきの良い方です。
樹勢も旺盛で、切っても切っても新枝を上げてきます。
お陰で樹高も高くなりがちで、花柄切りを深めに行っているつもりでも、秋口には2m近くにまで成長してしまいます。

我が家ではシュートの発生があまりなく、シュート更新しないバラとして扱っています。









スポンサーリンク





【品種紹介】 楽園(ハイブリッドティー)


IMGP0582-002_R1.jpg


楽園


基本情報

系統 ハイブリッドティー(HT)
作出年 1996年
作出者 京成バラ園芸
花型 剣弁高芯咲
色 明るいオレンジ
芳香 強香 フルーツ香

所感


大変香りの良いバラです。
そして強香。香りを楽しみたい方にオススメ。
花形も伝統的な剣弁高芯咲きで明るいオレンジも庭に映えます。

今のところ、樹形が暴れることもなく、直立性品種だと思われます。









スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。